みもみぶろぐ


ミネアポリス生活満喫中です。
by mimomi-r
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
タグ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:旅行 ( 24 ) タグの人気記事


ベリーズという国に行ってみた。- 3

ベリーズシリーズの最終回。
動物園を後にした私たちは、ぐんぐん西へ向かい、グアテマラとの国境近くの街、
San Ignacio に到着。
私は歴史にあんまり興味が無くて、おサムライさんの名前とかも、そういえば聞いたことありますかしら程度だし、メトロポリタン美術館に行っても、エジプトコーナーは通り過ぎてしまう、そんな人間なのですが、どうした訳か、無性にマヤの遺跡が見たかった。
んで、行ってみたら、圧倒された。
a0083986_9545990.jpg

到着する手前でガイドを付けたらどうかと勧められるんだけど、そんなことしたら、知識が入ってくるだけで感じる暇がないじゃん、と思って、「想像力が豊かなので結構です。」と率直に断った。
大事なのは、考える前に感じること。
月曜日の朝の Xunantunich (シュナントゥニッチと発音)遺跡は観光客が少ないらしく、この壮大な景色を独り占めできる快感は、本当に何とも言えない。
a0083986_1024566.jpg

a0083986_1082894.jpg


San Ignacio の街は、なんだかゴチャゴチャしてるんだけど、人々は最高にステキ。
出会った人々皆、喋り方がやわらかくて、親切で、とっても自然体で、特に女性が美しい。
この街は遺跡だけじゃなく、道なき道を抜けて滝を見たり、洞窟を探検したり、心ゆくまで冒険できるので、そーいうのがお好きな人にお勧めです。

最後に、直訳すると「ピーナツ頭虫」という名前のヘンな虫のお写真。
a0083986_10343458.jpg

[PR]

by mimomi-r | 2010-02-19 10:37 |

ベリーズという国に行ってみた。―2

小さな島での ゆるーい生活も、一週間もすれば飽きる。
水上タクシーという名の乗合ボートで島を後にし、本土のベリーズシティに向かった。
とっても風の強い日で、波がザッバーンである。
45分後に目的地に到着した私たち、髪と服はビショ濡れ、顔は塩まみれで、お互いの姿に大笑い。

レンタカーをかりて、西へ向かった。
この車が、長年愛用されてきたというか、歴史を感じるというか、ま、一言で言うとオンボロであって、走らせると、それはそれは聞いたことも無いような音がするんだけど、ここは一旦無視することにした。

暫く走ると、Belize Zoo という動物園を発見。
ベリーズに昔から生息する動物のみの動物園って・・・
とってもキュートなプーマとか、
a0083986_732594.jpg

自然と一体化しすぎて見づらいワニとか、
a0083986_743749.jpg

このオリがなきゃ確実に私を食っていたであろうジャガーとか、
a0083986_754381.jpg

オッサンにしか見えんホエザルとか、
a0083986_774141.jpg

ホント色んな種類の動物を間近で見れて、かなり楽しい動物園なのでした。
[PR]

by mimomi-r | 2010-02-16 07:14 |

ベリーズという国に行ってみた。

寒いミネアポリスから飛び出そうってことで、中米のベリーズという国で二週間ほど過ごし、昨日の夜帰ってきた。
ベリーズは、メキシコの下、グアテマラの右。
ミネアポリスからベリーズシティまでは、トランジット含めて6時間ちょい。
そこから小さな飛行機で Caye Caulker という島へ。
その、10人も乗ればもういっぱいいっぱいの小さな飛行機からは、濃ゆーい緑の島があちこちに見える。
a0083986_9433852.jpg

そんな島のうちの一つに降り立ったら、
あつい、あつい、あつい。
マイナス15℃のミネアポリスから、30℃を超える昼下がりの中米の島に辿り着いた私たちってさ・・・
まぁとにかく、最初の数泊だけ予約して後は気の向くまま、という、いつもながらのテキトーな旅の始まり。
a0083986_9443652.jpg

Caye Caulker は、本当にゆっくり、のんびりな島。
タクシーもレンタカーもゴルフカートだし、
穴ぼこだらけの道の真ん中で犬が昼寝してて、
お店も開いてたり閉まってたり営業時間が曖昧で、
じいちゃん達が昼間から木陰でビール飲んでたり、
建設現場の兄ちゃん達は通りすがりの女の子達に声をかけ、
レストランで勘定を頼むと、「何食べたんだっけ?」って聞かれる。
ああ、よいカンジ。
a0083986_9455791.jpg

ダイビングやらなんやらのツアーをどこで申し込むとか、なんやらという地元のガイドさんが有名だとか、ランチは付いてるのか持って行くのかとか、そういった大騒ぎの観光の人々を横目で見ながら、
最初から一切の団体行動を諦めている協調性の無い私たちは、ただ、のんびりエイと一緒に泳いだり、バラクーダを釣ったり、ハンモックで昼寝したり、地元の人とラムパンチを飲んだり、そんなカンジで毎日が過ぎていくのであります。
a0083986_9463763.jpg

[PR]

by mimomi-r | 2010-02-12 09:49 |

Dangerously cold

2週間ほど前のこと、ミネソタ在住のお姉ちゃんによると、気温がマイナス30℃で学校がお休みになったそうな。

そういえば、去年の冬のミネソタ旅行期ほったらかしのままだったんで、忘れないように写真だけでも貼り付けておこうかな。

Red Wing に住むお兄ちゃん Dan の家から Lake Pepin 周辺をドライブ。
a0083986_1344285.jpg

Wabasha まで行ったら橋をわたって対岸のウィスコンシン州へ。
Nelson という田舎町にポツンと立つチーズファクトリーは、自家製もインポートも併せて
種類が豊富で安い。自家製チーズをふんだんに使ったサンドウィッチをオーダーすると、隣接されたワインテイスティングルームに通してくれて、暖炉に火をつけてくれた。
a0083986_13513696.jpg

寒いといえば寒いんだけど、
a0083986_13574571.jpg

 (注: 車の中に置き忘れた水が完全に凍ってる)
でも、思ったほとじゃない。
うん、マイナス10℃くらいは全然平気!

クリスマスイブには、お姉ちゃん Carol の家に大家族が集まる。
当然おいしいものも、いっぱい集まる。
外が寒い分、家の中が暖かくてシアワセ気分が3割り増しくらいになる。
a0083986_1474398.jpg


Delano にいる弟 Pete に会いに行ったり、Buffalo にあるスーさんの実家をたずねて、久しぶりにスーさんの両親 Luke & Louise に会ったり。
a0083986_14122897.jpg


ミネソタの冬は、寒くて、でもとっても暖かいのでした。

最後に、Dan の飼ってる二段ネコ。
a0083986_13554594.jpg

[PR]

by mimomi-r | 2009-01-30 14:20 | ミネソタ旅行記冬版

ミニチーズバーガー

あまりに寝心地の良いベッドで寝過ごした。
なんか、流行ってるみたいね。硬さを調節できるベッド。
目が覚めたら9時半で、ホテルのレストランの朝食メニューは10時ラストオーダー。
なりふり構わず急いでレストランへ。

チェックアウトした後は、ダウンタウンでショッピング。
Minneapolisのダウンタウンは、ビルとビルが スカイウェイ というガラス張りの通路で繋がってるから、外に出なくってもいい。便利。
こんなカンジ(下の地図のブルーのトコは全部繋がってる)。
a0083986_12164855.jpg


ショッピングに夢中でランチを食べそびれた私たちは、急にすごくお腹が減ってて疲れていることに気づいて、テキトーに近くにあったレストランに入ってみた。
中途半端な時間だったので、軽く食べようと思って 「ミニチーズバーガー」 をオーダーしたら、ちっちゃいバーガーが3個とお皿からあふれんばかりのフレンチフライが出てきた。
あー、そうだった。ここはアメリカだった。

とーっても無計画で失礼な私たち夫婦は、Red Wing という町に住むお兄ちゃんのDanに電話した。
 「今日泊めてえ~。」
快く受け入れてくれたので、遠慮なく Red Wing へ車を飛ばす。
結局そこで3日間もお世話になろうとは、その時は誰も予想してなかったのでした。

窓越しに見えるミシシッピ川は、半分くらい凍ってる。
12月19日の最高気温-3℃、最低気温-7℃。
明日はどんな日かな?
[PR]

by mimomi-r | 2008-01-18 12:18 | ミネソタ旅行記冬版

緊急着陸

極寒のミネソタに行こうってハナシになった。
これは、実は私がずっと後回しにしてきたこと。
12月のミネアポリスの平均最気温は、マイナス3℃。
私にとっちゃ、桐灰のカイロのコマーシャルに出なきゃいけないくらいの覚悟。

とりあえず飛行機の手配をして驚いた。
知らない間にユナイテッドの関空-シカゴ直行便がなくなってる!
仕方なくノースウエストのデトロイト乗り継ぎを選んだ。
位置的には、ミネソタを通り過ぎてデトロイトに入り、そこからちょっと戻るようなカンジ。

関空を出発してから10時間ちょっとが経過した。
ちょうど相方との会話も無くなり、持って行った雑誌は広告まで読みつくし、眠気も無くなり、
退屈の極みに達して途方にくれる頃。
アナウンスが入った。
 「お客様の中に、お医者様はいらっしゃいませんか?」
・・・わたしゃ、そんなことは映画の中で起こることだと思ってたよ。
急に機内の様子が慌しくなった。
その後暫くして、再度アナウンス。
 「アスピリンをお持ちの方はいらっしゃいませんか?」
イヤな予感。
アスピリンってことは心臓発作??

出された軽食を食べる間もなく回収され、再度アナウンス。
 「ただいまより最寄の空港に緊急着陸します。」
着陸したのは、なんとミネアポリス
ああ、ここで降ろしてくれっ!
もちろん私たちを降ろしてくれるハズも無く、急病人を搬送し、離陸の順番を待つこと1時間。
急病人が、循環器疾患に定評のあるミネソタの Mayo Clinic に運ばれたことを祈りながらも、飛行機はデトロイトへ向かった。

デトロイトに着くと、もちろんトランジットの飛行機には間に合わず、次の便を待つこと2時間。
やっと離陸すると、暫くしてまたアナウンス。
 「お客様の中にお医者様は・・・」
ああ、もう勘弁して下さい。
今回は、途中で緊急着陸することもなく無事ミネアポリスに到着した。

すると、今度は荷物が出てこない。
問い合わせてみると、2本後の便で来るというではないかっ!
なんでぇええええ?
荷物を待つこと1時間。
やっとスーツケースをピックアップし、レンタカーでホテルへ。
相方が予約してくれてたのは、Nicollet Island Inn。
疲れ果ててヨレヨレになった私たちは、シャワーを浴びて生き返り、ホテルのダイニングへ。
カラマリとサラダをシェアし、私はWalleyeという魚を、相方はラムをオーダーし、美味しい白ワインを堪能した。
ミシシッピ川の中洲に立つこのホテルは、客室数が少ない分サービスが行き届いてて、なかなか居心地の良いホテルだった。

こんなに苦労して着いたんだもん、2週間のミネソタライフ楽しむわよっ!
[PR]

by mimomi-r | 2008-01-11 11:44 | ミネソタ旅行記冬版

ジェリーとフレディー

以前にちょいとお話した、カンレキ旅行。
伊勢志摩に行ってきた。

おばあちゃん&両親と私たち夫婦は奈良で待ち合わせ、伊勢市駅で妹夫婦と合流し、総勢
7人でランチに向かった先は、Bon Vivant というレストラン。
コース料理と乾杯のためのシャンパンだけ予約しておいたんだけど、個室を用意しておいてくれたり、丁寧に食材の説明をしてくれたり、サービスがとっても行き届いてた。
しかも、メインの肉料理は、鶏、豚、牛、子羊、猪、鹿、鴨の中から選べる!
私が迷わず選んだのは、野生のイノシシをつかったお料理。絶品でした。

ワインと料理をゆっくり楽しんだ後は、伊勢神宮へ。
ほろ酔いで神様にお参りするバチ当たりな私たち一家。
でも、誰一人そんなことは気にしない。
その後は、賢島へ移動して、旅館でまったり。

翌日は、横山展望台ってトコに行ってみた。
a0083986_15182476.jpg

そして、伊勢海老を買いに。
地元の人に教えてもらった魚屋へ行き、すっかり気分を良くした父親は、伊勢海老を5匹も購入し、2匹を私たち夫婦におみやげに持たせてくれた。

私   「もし、家に帰ってもまだ生きてたら、飼ってもいい?」
相方 「うん。じゃ、名前つけよう。ジェリーとフレディーにしよう!」

大急ぎで家路につき、発泡スチロールの箱を開けてみると、元気に生きてるではないかっ!
a0083986_15245168.jpg

早速、シンクに水を張ってしばらく様子をみていると、元気がなくなってきた。
ぁ、忘れてた。塩水に入れないと・・・よね?
んで、もう仕方ないので食べちゃうことにした。

相方は、ジェリーとフレディーの体を真っ二つに割り、特製のガーリックバターを塗って、レモンピールとイタリアンパセリを少しだけ散らして、高温のオーブンでさっと焼いた。
これがもう、ウマイのなんのって!
ありがとう、ジェリーとフレディー。
[PR]

by mimomi-r | 2007-11-15 15:33 | ファミリー

私はハワイに行ったことがない。

そう、私はハワイに行ったことがない。
グアムにもサイパンにも香港にもソウルにもロサンゼルスにも行ったことがない。
ここまで言うと、大抵の日本人に 「えー、海外行ったことないの???」 と、勝ち誇ったように言われる。

私にとって初めての海外旅行は、チェコだった。
大胆なことに、言葉もわからない国へ一人旅。
なんでまたそんな場所を選んだかというと、行きたい国が多すぎて決められず、ヨーロッパの地図を開いて目を閉じて指差した場所がチェコだったというだけ。
いざ行ってみると、楽しくて興奮しっぱなしだった。
一番安かったアエロ・フロート(ロシアの航空会社)でまずモスクワ→オーストリアへ。そこで、チェコに入るにはビザが必要だということを知り、ウイーンのチェコ大使館でビザを取得し、電車で5時間かけてチェコに入った。
何とかホテルを探し、腹ごしらえの為にレストランに入ると、チェコ語のメニュー。適当にオーダーすると、スープが2つ出てきた。間違えた・・・ 身振り手振りで肉料理をオーダーすると、親切なおばさんがナイフとフォークの使い方を教えてくれた。知ってるっちゅーねん・・・
そんな貴重な体験も、EUに加盟した今となってはできないらしい。

その次の一人旅は、ロンドン。
今度は英語なので、色んな人と話ができる。物価は高すぎるし、インド料理と中華料理以外は全く美味しくなかったけど、地元のアーティストと知り合ってギャラリーのペンキ塗りを手伝ったり、道端でレコード売ってたお兄ちゃんと一緒にクラブ行ったり、これまた楽しかった。

その後は、ナパでワイナリー巡りをしたり、ニューヨークにはまって何度も通ったり。ここ数年は相方のふるさと、ミネアポリスやらシカゴ辺り。

同じ場所でも、いつ行くかによって感じ方が違ったりする。
そこで、何をして誰と会うのかも異なったりする。
その時にしかできない旅ってあるんだなー。
世界はでっかいんだから、いつまでも旅人心を忘れないでいたいな。
[PR]

by mimomi-r | 2007-02-01 09:37

おばあちゃんち

おばあちゃんの家に遊びに行ってきました。
こんな所。
a0083986_8465815.jpg

a0083986_8474756.jpg

      ↑
      川沿いに家が立ち並んでいるうちの一軒が、おばあちゃんの家。

21日の午後に新幹線で向かって、着いたら、ぶり大根とか、れんこんの酢の物とか、色んな手料理と日本酒で迎えてくれた。こーいう日本の昔ながらゴハンが大好きな相方は、おいしいおいしい!と超ゴキゲン。おばあちゃんに、「気持ちの良い食べっぷりじゃねぇ。」って言われて嬉しそうにしてた。

このお休みは、何もしないでゆっくりしようというのが目的だったので、特にどこへ行くでもなく、本を読んだり、しゃべったり、散歩をしたり、料理をしたり、お酒を飲んだり、そんなカンジ。
毎日とっても良いお天気で暖かかった。

そうそう、23日は、おばあちゃんの古い友達の息子がやっているイタリアンレストランへ行った。今までにも何度か行ったことがあるけど、ここはホントにおいしい!
ふつう、山口県の田舎(失礼!)で、そんなに美味しい料理とワインを楽しめるなんて期待しないでしょ?それが、期待をはるかに超える美味しさ!味にうるさい相方も大絶賛の夜でした。

あー、また行きたいなぁ。
[PR]

by mimomi-r | 2006-12-27 09:33 | 日々

Aug 9 最後の日

なーんと、明日は日本に帰らなあかん。
ダンナと二人で、イヤやー、帰りたくないーって叫んでみたけど、そんなバカな私達を置いて、時間は刻一刻と過ぎていく。

仕方ないので、荷物の整理を始めて気が付いた。全然入らへん。
昨日Uptownで調子に乗って買いすぎた古本を箱につめて郵便局へ。
事前に料金を知りたいので、窓口のおばちゃんに聞いてみた。
そのおばちゃん、隣の窓口のおばちゃんに相談に行った。そのおばちゃんは、更に別のお兄ちゃんに相談。
 「なー、あんた日本に送るPrinted Matterの料金わかる?」
 「え、その辺に郵送料の表あったやろ?」
 「私、そんな表なんか見たことないで」
 「こないだ掃除したときに、あっちの棚にしまったんちゃう?」
・・・明らかに、そんな会話が繰り広げられ、なんとか料金が13ドルであることが判明。
その間、他のお客さん全員待たされてます。
そんなんで、ええんか?
ま、とにかく安いので安心して送った。


その後は、リニューアルオープンしたばかりの劇場、GUTHRIE THEATER へ。
a0083986_9451229.jpg

ミシシッピ河畔に出現した、すんごいヘヴィーな建物は、Jean Nouvel の作品。
汐留の電通本社ビルも手がけた建築家。
劇場から長い通路が突き出してて、ミシシッピ川が眺められるようになってます。
昨日紹介した、スカイウェイを意識したデザインらしい。

Sir Tyrone Guthrie という俳優兼監督さん(Sirがついてるからスゴイ人なんやろうけど、昔の人すぎて私は知らん)が、あまりに商業的なブロードウェイが嫌になって、地域密着型劇場をつくりませんか?って呼びかけたところ、サンフランシスコやらシカゴやら7つの街がこの話に乗って、その中から何故かMinneapolisが選ばれて設立された劇場なんだそうな。


その隣には、製粉所が昔の姿のまま残されていて、その建物の半分ほどは Mill City Museum になってる。
a0083986_1053039.jpg

ミシシッピ河畔、オモロイです。
そんな場所を歩いていても、ダンナの視点は常に釣り。
子供が何か魚を釣り上げてるのを、うらやましそーに眺めてはります。


さて、最後の夜は、どこでどう過ごすか?
First Avenue(歴史あるライブハウスです)を覗いてみると、Wolf Paradeのライブがあるらしいけど、10時開演。絶対に明日の朝4時には起きれません。
なので、おとなしくMonte Carlo Bar & Cafeへ。
何故かって、ここのバッファローウイング食べたいから!!


こんなカンジで私の夏休みは終わりました。
なのでミネソタ旅行記は、これで終わり。
明日からは、何か違うこと書きますので、よろしう。
[PR]

by mimomi-r | 2006-09-06 10:31 | ミネソタ旅行記