みもみぶろぐ


ミネアポリス生活満喫中です。
by mimomi-r
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
カテゴリ
以前の記事
タグ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧


ベリーズという国に行ってみた。- 3

ベリーズシリーズの最終回。
動物園を後にした私たちは、ぐんぐん西へ向かい、グアテマラとの国境近くの街、
San Ignacio に到着。
私は歴史にあんまり興味が無くて、おサムライさんの名前とかも、そういえば聞いたことありますかしら程度だし、メトロポリタン美術館に行っても、エジプトコーナーは通り過ぎてしまう、そんな人間なのですが、どうした訳か、無性にマヤの遺跡が見たかった。
んで、行ってみたら、圧倒された。
a0083986_9545990.jpg

到着する手前でガイドを付けたらどうかと勧められるんだけど、そんなことしたら、知識が入ってくるだけで感じる暇がないじゃん、と思って、「想像力が豊かなので結構です。」と率直に断った。
大事なのは、考える前に感じること。
月曜日の朝の Xunantunich (シュナントゥニッチと発音)遺跡は観光客が少ないらしく、この壮大な景色を独り占めできる快感は、本当に何とも言えない。
a0083986_1024566.jpg

a0083986_1082894.jpg


San Ignacio の街は、なんだかゴチャゴチャしてるんだけど、人々は最高にステキ。
出会った人々皆、喋り方がやわらかくて、親切で、とっても自然体で、特に女性が美しい。
この街は遺跡だけじゃなく、道なき道を抜けて滝を見たり、洞窟を探検したり、心ゆくまで冒険できるので、そーいうのがお好きな人にお勧めです。

最後に、直訳すると「ピーナツ頭虫」という名前のヘンな虫のお写真。
a0083986_10343458.jpg

[PR]

by mimomi-r | 2010-02-19 10:37 |

ベリーズという国に行ってみた。―2

小さな島での ゆるーい生活も、一週間もすれば飽きる。
水上タクシーという名の乗合ボートで島を後にし、本土のベリーズシティに向かった。
とっても風の強い日で、波がザッバーンである。
45分後に目的地に到着した私たち、髪と服はビショ濡れ、顔は塩まみれで、お互いの姿に大笑い。

レンタカーをかりて、西へ向かった。
この車が、長年愛用されてきたというか、歴史を感じるというか、ま、一言で言うとオンボロであって、走らせると、それはそれは聞いたことも無いような音がするんだけど、ここは一旦無視することにした。

暫く走ると、Belize Zoo という動物園を発見。
ベリーズに昔から生息する動物のみの動物園って・・・
とってもキュートなプーマとか、
a0083986_732594.jpg

自然と一体化しすぎて見づらいワニとか、
a0083986_743749.jpg

このオリがなきゃ確実に私を食っていたであろうジャガーとか、
a0083986_754381.jpg

オッサンにしか見えんホエザルとか、
a0083986_774141.jpg

ホント色んな種類の動物を間近で見れて、かなり楽しい動物園なのでした。
[PR]

by mimomi-r | 2010-02-16 07:14 |

ベリーズという国に行ってみた。

寒いミネアポリスから飛び出そうってことで、中米のベリーズという国で二週間ほど過ごし、昨日の夜帰ってきた。
ベリーズは、メキシコの下、グアテマラの右。
ミネアポリスからベリーズシティまでは、トランジット含めて6時間ちょい。
そこから小さな飛行機で Caye Caulker という島へ。
その、10人も乗ればもういっぱいいっぱいの小さな飛行機からは、濃ゆーい緑の島があちこちに見える。
a0083986_9433852.jpg

そんな島のうちの一つに降り立ったら、
あつい、あつい、あつい。
マイナス15℃のミネアポリスから、30℃を超える昼下がりの中米の島に辿り着いた私たちってさ・・・
まぁとにかく、最初の数泊だけ予約して後は気の向くまま、という、いつもながらのテキトーな旅の始まり。
a0083986_9443652.jpg

Caye Caulker は、本当にゆっくり、のんびりな島。
タクシーもレンタカーもゴルフカートだし、
穴ぼこだらけの道の真ん中で犬が昼寝してて、
お店も開いてたり閉まってたり営業時間が曖昧で、
じいちゃん達が昼間から木陰でビール飲んでたり、
建設現場の兄ちゃん達は通りすがりの女の子達に声をかけ、
レストランで勘定を頼むと、「何食べたんだっけ?」って聞かれる。
ああ、よいカンジ。
a0083986_9455791.jpg

ダイビングやらなんやらのツアーをどこで申し込むとか、なんやらという地元のガイドさんが有名だとか、ランチは付いてるのか持って行くのかとか、そういった大騒ぎの観光の人々を横目で見ながら、
最初から一切の団体行動を諦めている協調性の無い私たちは、ただ、のんびりエイと一緒に泳いだり、バラクーダを釣ったり、ハンモックで昼寝したり、地元の人とラムパンチを飲んだり、そんなカンジで毎日が過ぎていくのであります。
a0083986_9463763.jpg

[PR]

by mimomi-r | 2010-02-12 09:49 |