みもみぶろぐ


ミネアポリス生活満喫中です。
by mimomi-r
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
タグ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧


クランベリーの収穫風景

昨日書いた、オジブエ族の居留区からの帰り道、偶然クランベリーの収穫を見かけた。
a0083986_715917.jpg

日本では、人気者のブルーベリーなんかに比べて、存在感の無いクランベリーくん。
たまにカフェのジュースのメニューに登場するくらい、。
でも、アメリカではこれからの季節に欠かせない重要な存在。
時にはソースとして七面鳥をひき立て、時にはマフィンやクッキーに紛れ込んで存在感を主張し、そして時にはサラダや飲み物にも。
大活躍のクランベリーくんなのです。

ちょうど今頃が収穫の時期。
クランベリーの収穫は、畑に水を張って、浮いてきたクランベリーを掃除機みたいな機械で吸い取る、という一風変わったもの。
と、ディスカバリーチャンネルで見て知ってたけど、実物を目撃したのは初めて。
クランベリーの濃いピンク色と、雑草の緑と、白い雪の組み合わせが、なんだか綺麗だと思った。
[PR]

by mimomi-r | 2009-10-26 07:36 | ミネアポリス生活

ウィスコンシン遠征

お隣ウィスコンシン州の Hayward という街に行ってきた。
オジブエ族という先住民の居留区に行く用事があって、そこからほど近い Hayward にある McCORMICK HOUSE という B&B に泊まった。
この B&B の質の良さに感動!
清潔なのはもちろんのこと、本当に落ち着いた雰囲気で、タオルや寝具やバスローブも上質で、朝ごはんが最高に美味しい。
コーヒー選びに、チョコレート選びにこだわりを感じる B&B 。
ウィスコンシン州の小さな街に行く機会はあんまり無いでしょうが、万が一でも Hayward に行く機会があれば、是非ここに泊まってみて下さい。
私は、できればここに住みたい。

その居留区にある学校で教師をしている男性と話をしていると、オジブエ語の母音と日本語の母音が似ていることがわかって、妙な親近感を感じた。
いつか、オジブエ語を勉強しよう。
発音を褒められるに違いない。

その先生に勧められて、Hayward にある小さなワイン屋に行った。
地下でワインを売っていて、一階はワインバーになっている。
そこのオーナーと思われる男女が、ある時間になるとエプロンを外してライブをする。
女性がギターを弾きながら歌い、男性はタンバリン担当。
数曲やると、またエプロンを付けて皆の注文を聞く。
しばらくすると、またライブ。
すごく楽しかったし、彼らも楽しそうだった。

若干ジェットコースターみたいなドライブを楽しんだ秋の一日。
a0083986_103372.jpg

[PR]

by mimomi-r | 2009-10-25 10:20 | ミネアポリス生活

A Serious Man

とっても忙しい週末でした。
まずは、今日撮ってきた秋の写真を。
今日は最高気温が17℃くらいでホントに気持ち良く、こないだ雪が降ったのがウソみたい。
a0083986_81327.jpg

a0083986_813918.jpg


Tres Jolie Salon という美容室が近所にあって、行きたいなー思いつつ、どれくらいチップを払うべきかわからず、友人数名に聞いてみたところ、だいたい料金の10%が相場ってことが判明。
木曜日の午後、やっと伸び放題の髪を切ってきた。
その後、相方と一緒に Guthrie Theater という劇場へ行き、そこで Adam & Kasie と合流し、ダンスを観てから Sea Change という新しくできたシーフードレストランへ 。雑誌やインターネットでの評判がかなり良かったから、すごく期待して行ったんだけど、まぁまぁってトコかな。


金曜日はコーエン兄弟の最新作 "A Serious Man" を見に映画館へ。
平日の昼間だっていうのに、けっこうお客さんが入っててビックリ。
コーエン兄弟がミネソタ出身ってこともあるのかな?コーエンファン層がかなり厚いことを知る。
映画はすごく面白かったので、機会があれば是非見て下さい。
その後は、Greg & Tony と一緒に秘密のワインテイスティングの会に参加した後、遅めの夕ご飯を食べに。


土曜日は、いつものように早起きしてダンススクールへ。
終わったらすぐに Lino Lake という所に住む二番目のお姉ちゃん Mary の家へ。
夏のキャンプに引き続き、大家族が集結する秋のイベント。
寒いのに敢えてお庭で、キャンプファイアーを囲んで、みんなで暖かい煮込み料理を食べるって趣向。
やっぱり、家族って、暖かい。
そのままお泊りして、朝ごはんに Mary お手製の絶品エッグベイクをごちそうになり、あちこちドライブして帰ってきた。

ま、そんなこんなで、いつものようにバタバタな週末だったんですが。
映画館で新作映画が7ドルってどう?
いや、7ドルはいいんだ、日本の1800円ってどう?
映画なんて、良い作品もあれば駄作もある。
一人1800円、夫婦で3600円払って、つまんなかったら後悔するので、それを恐れてその3600円をついランチに費やしてしまう私たち夫婦なんですが、7ドルだったら、いくらでも映画見に行きます。
[PR]

by mimomi-r | 2009-10-19 08:26 | ミネアポリス生活

雪景色

a0083986_372482.jpg

今朝目覚めて、カーテンを開けたら、目の前に広がる一面の雪景色。
どうせ寒いんなら、雪が降った方が断然いい。
静かだし、綺麗。

いくらミネソタが寒いといっても、10月中旬にこれだけ雪が降るのは珍しいんだって。
今時分の平均最高気温は16℃なのに、今日の最高気温は3℃。
「ハロウィンもまだなのにねぇ」って、会う人皆が言う。

ミネソタ人は、雪の話が好き。
家族も、友達も、スーパーのレジの人も、バスで隣に座った人も、みんな雪の話をする。
それで、
 「10月からこんな調子じゃ先が思いやられるよ」 とか、
 「今年こそどこか暖かい場所に引っ越したい」 とか、
言うんだけど、でも実はちょっと嬉しそうだったりもする。

今年の気候は、伝説の1991年のハロウィンを思い出させるらしい。
1991年の10月31日に雪が降って70センチも積ったって話を、もう3回も違う人から聞いた。
でも、知らないふりして話を聞いて、驚いてあげる。

そろそろ午後2時になろうかってところ。
まだ静かに雪が降り続いてる。
こんな日は、暖かい室内で、ゆっくりと音楽でも聞きながらお茶ですかね。
[PR]

by mimomi-r | 2009-10-13 03:50 | ミネアポリス生活

初雪

ええ、信じられんことですが。
朝起きて、なんだか窓の外がまぶしい?と思ったら、雪がうっすら。
a0083986_48130.jpg

雪にも夏の暑さにも負けぬ 丈夫なからだを持つ私は、いつものようにダンススクールへ。
ダンス友に、10月初旬に雪が降るのってフツー?って聞いたら、
 「ミネソタの気候にフツーは無いんだよ。」
という、 【達観】 という言葉がしっくりくるような、ありがたいお返事をいただいた。

私もいつか、そんな立派なミネソタ人になれるよう、精進いたします。
[PR]

by mimomi-r | 2009-10-11 04:17 | ミネアポリス生活

秋の色

一週間ほど、冷たい雨が続いたミネアポリス。
今日は、久々に美しく晴れわたる青空。
夕方に帰宅しても、なんだかもったいなくて、荷物を置いてカメラだけ持って散歩に出かけた。
まるで、ランドセル置いて遊びに行く小学生のようだ。
a0083986_12422474.jpg

近所をふらふら歩いていると、やっぱりちょっと秋の色。

a0083986_12281984.jpg

(これはウチの前の湖からダウンタウンを眺めたカンジ。)

今週末の天気はどうかしらん?と、天気予報を見てみたら、土曜日の最高気温は43度だという。
華氏っていうのが、どうもしっくりこない。
そっかー、43度かー。
・・・んで、43度って、どうなん?
調べてみると、華氏43度は摂氏6度ということが判明する。
暫くの後、
 えー、めっちゃ寒いやん~!
と思う。
情報が入ってから処理して反応するまでに、かなりの時間がかかる。

 1マイルは、だいたい1km の1.5倍にちょっとおまけ付けたくらい
 1ポンドは、だいたい1kg の半分からちょっとおまけ引いたくらい
と、いい加減な私には、これで生活する分にはOKなんだけどサ、華氏はどうよ。
どうも、しっくりこない。
[PR]

by mimomi-r | 2009-10-08 12:45 | ミネアポリス生活

肉の塊

ミネアポリスで生活を始めて一カ月とちょっと。
こっちの友人や家族は、私が欲しい食材が手に入るのかどうか、何故かとても心配してくれる。
そして、
 「なんやらスーパーは、魚の種類が豊富だよ。あっ、でも刺身用の魚があるかな・・・」
 「どこそこレストランの寿司と刺身は絶品だよ。」
と、色んな情報を仕入れて来てくれる。
どうやら、日本人=生魚 という数式は確固たるものらしい。

そんな彼らの心配をよそに、近所の Whole Foods や BYERLY'S というスーパーマーケットで、私が欲しいと思う食材は何でも手に入る。

 醤油も、ネギも、生姜も、ナンプラーも、ラー油も、ごま油も、海苔も・・・

昨日なんて、急に純和食が食べたくなっちゃった相方(ミネソタ人)の為に、
 鯛の塩焼き、冷や奴、ほうれん草のおひたし、ご飯、海苔
という、旅館の朝ごはんみたいな夕食を作った。

でも!
やっぱり無性に恋しい物が。
それは・・・
 薄切り肉。
なーんで、巨大な肉の塊ばっかり売ってるんでしょ?
私の貧弱なレパートリーには、「肉じゃが」「豚の生姜焼き」という二大巨頭が鎮座しているんだが。

もちろん、自分でスライスするとか、スーパーのミートセクションに事前にお願いしておいて後で取りに行くとか、解決策はあるんだけどさ。
ちょっとメンドクサイだけ。
[PR]

by mimomi-r | 2009-10-05 22:54 | ミネアポリス生活