みもみぶろぐ


ミネアポリス生活満喫中です。
by mimomi-r
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
タグ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧


アダムがウチにやって来る

なんと私の 「おばさんデビュー」 が確定してしまった。
というのも、相方の一番上のお姉ちゃんの息子、つまり相方の甥とそのフィアンセが来月ウチに遊びに来ることになったから。
彼の年を敢えて聞いたことはないけど、大学院を卒業後、社会人になって数年経つので、年は私とあまり変わらないはず。
でも、彼にとって私は 叔母さん
アメリカ人で良かったよ。
日本人だったら、公衆の面前で 「おばさん!」って呼ばれるところだった。

彼らにとっては、初めての日本。
しかも3月半ばから終わりまでの2週間も休みを取って来るというではないか!
おばさんとしては、頑張ってあちこち連れ回さないと。
だけど、どこに???

相方と、いつもの作戦会議が始まった。
私 「初めて日本に来たときに、どこに行って面白かった?」
相 「そんなん、昔すぎて覚えてない。」
私 「でも、何か一つくらい覚えてるやろ?」
相 「えーと、西成。それから、ラブホテル。」
私 「(ディープやなぁ・・・)」

じゃ、それもリストに入れておこうか。
西成、ラブホテル、道頓堀界隈、天神橋筋商店街、東寺の弘法市、祇園散策、できれば花見、一日くらいは他の友達呼んでホームパーティーやってもいいかな・・・
考えてみると2週間って長いなあ。

大阪、京都、神戸あたりで、アメリカ人が喜びそうなスポットやレストランをご存知の方、どうかおばさんにアイデアを下さい。
[PR]

by mimomi-r | 2007-02-20 09:48 | ファミリー

ろくでもない

一昨日は、バレンタインデーでしたね。
何を隠そう私はすっかり忘れてしまっていて、相方が職場でもらってきたチョコレートを見て
 「あー、そういえば今日は・・・!」
って思い出したくらい。
相方も相方で、
 「ボクも帰りに花でも買って帰ろうと思ったんだけど、急に送別会の費用を徴収されたから
  手持ちのお金がなくなっちゃって」
だって。
似たもの夫婦ですなぁ。


バレンタインデーには、ろくでもない思い出がある。
小学校4年生だったmimomiちゃんは、同じクラスの仲良しの男子のために、何日も前から準備しておいたチョコとメッセージカードをこっそり学校に持っていった。
校則では禁止になっていたけど、どこに住んでいるのかわからないんだから学校で渡すしか方法はない。
その日、女子は一日中 「誰が誰にあげるか?」 についてヒソヒソ話しながら放課後を待っていた。(今考えると、カワユイなぁ!)

そして、全ての授業が終わって終礼(たしか 『終わりの会』 という名前だった)が始まるや否や、くそまじめな女子が手を挙げて一言。

 「mimomiさんは、学校にチョコレートを持ってきています。いけないと思います。

すると、これまた堅物の担任の先生が、この話題に飛びついた。
 先 「mimomiさん、それは本当ですか?」
 私 「はい。」
 先 「どうして持ってきたんですか?」
 私 「だって、バレンタインだもん。」
 先 「校則に反してることはわかってるんですか?誰に渡すんですか?」
 私 「・・・(そんなこと言えるか、バカ!)」

皆の前で槍玉に挙げられ、全員のまなざしを一身に受けるミジメな私。
結局、そのチョコレートは没収されてしまったのでした。
家に帰って母親にその話をすると、これまた冷たい仕打ち。
 「ホンマにあんたってアホやなあ。
  どんくさいというか何というか。
  お母さん、呆れるわ。

[PR]

by mimomi-r | 2007-02-16 09:44 | 日々

久々の

先週末は3連休だったので、久々にホームパーティーを開いた。
ゲストが3人に、スーさん(彼はウチの住人みたいなものなのでゲストではない)、それに相方と私の全部で6人。
私にとっては、これくらいのこじんまりしたパーティーが心地よい。
10人とかになっちゃうと、翌朝、シンクに山積みになっている食器やグラスを見て、かなり凹むから・・・

おもてなし好きの相方は、一週間前からメニューを考えはじめる。
作戦会議は、大抵バーでビール飲みながら。
カウンターに座って、ノートを取り出して、ああでもない、こうでもない、とアイデアを出し合う。
ゲストのことを考えながら、メニューと買い物リストを作る。
私は、この時間が大好き。

事前に二人でバックパック背負って自転車でアルコール類の買出しへ。
ご想像の通り、帰りはあまりの重さにヨロヨロ。
でも、買ってきたワインを何本か空けてしまうので、いつも当日買い足しに行くはめに・・・

パーティー前日には弘豚社へ。
この京町堀にあるお肉屋さん、どんな部位でもどんな大きさでも必ず対応してくれる、私たちの強い味方。オススメです。

そして当日は、心斎橋大丸のPAULでパンを買って、そごうのENOTECAでワインの補充を。
料理はウチのシェフである相方に任せて、私は掃除人と化す。
あとは、みんなが来てくれるのを待つだけ!

私や相方にとって、みんながウチに集まってくれて、飲んだり食べたり話したり笑ったりする、ゆっくりした時間は、とっても大切なもの。
だって、来てくれる人がいるからできることだもんね。

最後に、
Sちゃん、おいしいワインとジンジャーケーキありがとう!
Cちゃん、ステキなお花ありがとう!
スーさん、泡立ったワインありがとう?
[PR]

by mimomi-r | 2007-02-13 10:31 | 日々

今日はちょっとばかし辛辣な私。

最近、どこぞの大臣のおっちょこちょい発言に揺さぶられてる日本ですが、この国で生活している女性なら殆どの人は
 「それっくらい日常茶飯事だもんねー」
と、アッカンベーしてるに違いないと思う。
なので、野党の皆さんは、そんなことくらいで調子に乗らないでちゃんとお仕事してほしいと思う。よーけお金もろてるんやから。
「許せない発言」だとかって憤りを見せてるオジサン達だって、本心では槍玉に挙げられてる大臣と同じようなこと思ってるんじゃないかしらん?

以前に勤めていた会社の上司は、とっても正直な方で、女性はコーヒーマシンかウエイトレスか何かだと勘違いしてるのがバレバレな人だった。
ある時、私の仕事量が多すぎて人員を増やしてもらうよう要請したときの話。何人かを面接した後、「今回は見送るわ。」との結論。
職歴を拝見したところピッタリの女性がいらっしゃったので、「この方は、何か問題があったんですか?」って聞いたら、
 「いやー、彼女はすごくカンジも良かったんだけど、年齢がねー。35歳なんだよー。」
とのお答え。
32歳の私に向かって言う言葉じゃないでしょう?おバカさん。
10年も社会人やってたら、それくらい屁でもないんで、何も言いませんでしたけど。

そろそろお仕事を探そうかなーという私。
先日、某大手企業の面接に赴いた。
面接官はもちろんオジサンばっかり。
私の知識や経験の話をする前に、
 「あなたは結婚しているけど子供を作る気はあるの?あるとすればいつ?」
だって。
そんな会社、こっちからお断りですわ。

そもそも、4大卒女子の就職氷河期と言われた時代に就職活動をした私。
某企業の説明会に行くと、会社説明会が終わってから男性参加者にだけ交通費を手渡していたのを覚えている。表面的には男女問わず募集しているフリをしてるけど、男性しか採る気はなかったのね。
別の会社でやっと面接にこぎつけたら、「君は、アメリカの今の大統領の名前知ってるぅ?」だって。これまた、女の子はいらんのね。

それ以来ずっと、この部分は無視しないとやってられなかった。
10年経った今も、何も変わってないね。

ある日、相方が 「日本の女性は、なんで団結して戦わないの?」 って聞くので、
「もし、私が一生仕事できなくなっても良い?」 って言ったら、無言になった。
日本在住十ウン年の相方、状況はきちんと理解してるらしい。
でも、ホントのこと言えば、黙ってガマンしてる女性が悪いんやけどね。

日本の良いところも悪いところも、アメリカの良いところも悪いところも、冷静に見てる。
愛国心が無いかといえば、そうでもない。
でも、もうちょっと良くなる気もするんやけど?
[PR]

by mimomi-r | 2007-02-07 13:40 | 日々

Embarrass

昨日スーパーボウルを見にウチに来たスーさんによると、今、ミネソタは大寒波に見舞われているらしい。
どこにあるのか知らないけど、ミネソタ州には、その名も Embarrass という場所があって、昨日の最低気温はなんとマイナス42度
因みにマイナス41度は摂氏でも華氏でも同じなので計算する必要が無いけど、そこまでいくと逆に全く想像がつかない。
きっとバナナで釘が打てるんでしょう。
でも、そんなバカなことしてるうちに死んでしまうかも。

相方は、できるだけこういう話題を避けようとする。
私が怖気づいてミネソタ移住をやめるんじゃないかと思って、ある意味、情報規制に努めてらっしゃる。
でも、絶対に Embarrass には住みたくないよ。
住所が "Embarrass, MN"ってだけでも十分恥ずかしいのに、その上、死ぬほど寒いなんて。(10年前にはマイナス49℃を記録してるし。)

大阪の今日の最高気温は16℃。
これも異常だけど。


昨日の大雨の中のスーパーボウルは楽しかった!
日中、できるだけ外界との関わりを絶った甲斐あって、結果を知らずにゲームに臨めたし、ちゃんと使命を果たすべく やまや でビールも買っておいた。
a0083986_117085.jpg

再放送だったから、編集のためにカットされている部分もあったけど、それなりに楽しめた。
ハーフタイムのプリンスのショウも見れたし。
私は別にプリンスの音楽はそれほど好きでもないけど、彼はミネソタ出身なので、なんとなく贔屓目に見てしまう。
プリンスだけでなく、ボブ・ディランもスヌーピーも3MもTargetも、ミネソタに関わりのあるもの全て、身近に感じてしまう。ということは、相方の情報コントロールが上手く効いているということなのでしょう。
[PR]

by mimomi-r | 2007-02-06 11:21 | 日々

NFL

今日は、スーパーボウルの日!
今頃は、もうすっかり盛り上がってるに違いない。
アメリカなら日曜日に楽しめるんだけど、日本時間では月曜日の朝。
仕事を休めない相方は、事前に友達に電話して、ウチで今日夕方6時15分からの再放送を見ることにした。

条件は、

    6時までは全てのニュースを見ず、人とスーパーボウルの話をしないこと!

どんな形で試合結果を知ってしまうかわからないから、要注意だ。
インターネットもテレビもダメ。エレベーターの中やビルについてる電光掲示板のヘッドラインニュースもダメ。誰かに電話するのもダメ。
今日一日は、とにかく外界との関わりを絶って、時間差スーパーボウルに備えるんだそうな。

何を食べるかというハナシになった。
私 「スーパーボウル見ながら、何食べる?何か買っておこうか?」
相 「うーん、何か簡単なモノがいいなー。サンドイッチとか。」
私 「じゃ、パンとかチーズとかハムとかレタスとか買っておくね。」
相 「・・・うん。でも、オイシイのハムにして。」
私 「わかった。」
相 「・・・いっぱいだよ。・・・やっぱり、今から一緒に買いに行こう!」
私は信用できないらしい。
結局、高島屋まで行って、ダルマイヤーで色んな種類のハムと、ついでにローストビーフもお買い上げ。

私の今日最大の使命は、Miller (できればMGD。もし無ければ、それっぽいアメリカのビール。Budweiser以外。)とドリトスを買ってくること。
MGDなんて日本で売ってるの見たことない。けど、ま、頑張るわ。

これは、ウチのリビングの窓の上。意気込みが感じられるでしょ?
a0083986_8534798.jpg

因みに、私は何回見てもルールがわからんのですが。
[PR]

by mimomi-r | 2007-02-05 08:58 | 日々

私はハワイに行ったことがない。

そう、私はハワイに行ったことがない。
グアムにもサイパンにも香港にもソウルにもロサンゼルスにも行ったことがない。
ここまで言うと、大抵の日本人に 「えー、海外行ったことないの???」 と、勝ち誇ったように言われる。

私にとって初めての海外旅行は、チェコだった。
大胆なことに、言葉もわからない国へ一人旅。
なんでまたそんな場所を選んだかというと、行きたい国が多すぎて決められず、ヨーロッパの地図を開いて目を閉じて指差した場所がチェコだったというだけ。
いざ行ってみると、楽しくて興奮しっぱなしだった。
一番安かったアエロ・フロート(ロシアの航空会社)でまずモスクワ→オーストリアへ。そこで、チェコに入るにはビザが必要だということを知り、ウイーンのチェコ大使館でビザを取得し、電車で5時間かけてチェコに入った。
何とかホテルを探し、腹ごしらえの為にレストランに入ると、チェコ語のメニュー。適当にオーダーすると、スープが2つ出てきた。間違えた・・・ 身振り手振りで肉料理をオーダーすると、親切なおばさんがナイフとフォークの使い方を教えてくれた。知ってるっちゅーねん・・・
そんな貴重な体験も、EUに加盟した今となってはできないらしい。

その次の一人旅は、ロンドン。
今度は英語なので、色んな人と話ができる。物価は高すぎるし、インド料理と中華料理以外は全く美味しくなかったけど、地元のアーティストと知り合ってギャラリーのペンキ塗りを手伝ったり、道端でレコード売ってたお兄ちゃんと一緒にクラブ行ったり、これまた楽しかった。

その後は、ナパでワイナリー巡りをしたり、ニューヨークにはまって何度も通ったり。ここ数年は相方のふるさと、ミネアポリスやらシカゴ辺り。

同じ場所でも、いつ行くかによって感じ方が違ったりする。
そこで、何をして誰と会うのかも異なったりする。
その時にしかできない旅ってあるんだなー。
世界はでっかいんだから、いつまでも旅人心を忘れないでいたいな。
[PR]

by mimomi-r | 2007-02-01 09:37