みもみぶろぐ


ミネアポリス生活満喫中です。
by mimomi-r
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
タグ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:日々( 90 )


お知らせ

すっかりバタバタしていて手つかずでしたが、これから先も少し忙しい日々が続きそうなので、暫くの間は沈黙します。
スパムコメントなんかの管理ができないので、コメント欄はクローズさせていただきました。
[PR]

by mimomi-r | 2010-04-30 10:38 | 日々

振り返ってみたり

もう日本では2010年に突入していることと思いますが、ここミネソタではまだ大晦日の昼下がり。
2009年を、とっても私的に振り返ってみます。

◆ 今年貰った中で、一番笑ったプレゼント
a0083986_5444971.jpg

相方がくれたマグカップ

◆ 今年経験した一番のスリル
マイナス20℃での散歩

◆ 今年一番面白かった体験
住所不定無職の移民だった夏の一カ月

◆ 今年買った、一番ヘンな物
a0083986_548148.jpg

リスの形のロウソクなんだけど、火をつける所が頭のてっぺんってどうよ?
あんまりカワイソウなんで、一匹だけ救出してきた。

◆ 今年大活躍した物
防寒下着
名称わからず。タイツ以上、おじいちゃんのズボン下未満、みたいなヤツ。

◆ 今年出合った、お得感最高のワイン
a0083986_633029.jpg

ご覧の通り、リボンを纏ったハダカの人のこっち向きとあっち向きという、インパクト強めのラベルに惹かれて買ったんだけど、これがホント美味しかった。
Merry Edwards の Sauvignon Blanc
たしか、30ドル未満だった。

◆ 2009年は、私にとって
「とってもラッキーな一年」 でした。
なぜなら・・・
 ミネソタ長期滞在
 予防接種しなくってもインフルエンザにかからなかった
 円高ドル安
 沢山の楽しい人々と美味しいゴハンを食べた
 めっちゃ笑った
 そして、今夜、完璧な満月の予定!


2010年が、皆様にとって、健康で笑いの絶えない一年でありますように!
[PR]

by mimomi-r | 2010-01-01 06:19 | 日々

ぶっちゃけ

やーっと移民ビザをゲット。
ゼニの話はあまり好きじゃないけど、移民ビザを得るには、思いのほか労力と時間とお金がかかる。
これから手続きをしようという方は、事前に知っておくと計画も立てやすいと思うので、参考にしてくださいな。

注意:大阪人の私が、同じく大阪在住のアメリカ人と日本で入籍し、アメリカに住むというケースです。

2月
相方の Birth Certificate (出生証明書)と、Transcript of Tax Return (確定申告書の写しみたいなもん)を発行してもらえるよう、各機関に申請書を発送。
  領事館での公証: 3,000円 ($30)
  出生証明書発行手数料: 3,600円 ($36)
  国際通常為替手数料: 2,000円
  EMS 2通: 2,400円
(Transcript of Tax Return が送られてくるまでには2ヶ月近くかかった。)

3月
数々の申請書類を作成。(大使館のウェブサイトからフォームをダウンロードできる。)
戸籍謄本と婚姻届受理証明書を区役所に取りに行き、英語に翻訳。
書類が全部揃ったところで、請願手続きの予約を大使館に入れるも、3週間後しか予約できない。
  戸籍謄本: 450円
  婚姻届受理証明書: 350円
  住民票: 200円

4月
相方と二人で東京へ行き、アメリカ大使館でビザの請願手続き。
  新幹線のぞみ 大阪―東京往復二人分: 56,200円
  請願書提出料: 35,500円 ($355)
  二人分の証明写真: 2,100円
(上記の請願書類が受理されましたよーという通知が来るまでに1カ月かかる。)

5月
請願書類受理の通知が届いたので、大阪府警に行って警察証明を申請し、指定病院で健康診断を受け、必要な予防接種を受け、ビザ申請手続きの予約を大使館に入れる。
警察証明も健康診断の結果も、2週間程度かかる。
  健康診断: 40,000円
  予防接種: 30,000円 (これは人によって違うけど)
  戸籍謄本: 450円
  住民票: 200円

6月
こんどは一人で東京の大使館に行き、移民ビザの申請手続き。
  新幹線のぞみ 大阪―東京往復: 28,100円
  (朝8時の予約なので、要前泊!)
  申請手続料: 40,000円 ($400)
  5cm四方の証明写真: 1,050円

・・・というふうに、私の場合は、ただ待っているだけの時間も含めて手続き開始からまる5ヶ月、それに宿泊代を含めず25万円ほどの費用がかかった。

7月の渡米計画に間に合うんかいなぁ~と周りに心配され、ホンマにあんたはギリギリにならな何もせーへんなーと呆れられていた裏には、実はこんな事情があったのサ。
私なりに、頑張ってたっちゅーことですわ、皆さん。
[PR]

by mimomi-r | 2009-06-29 10:18 | 日々

エライヒト

人間35年も生きてると、「偉い人」 に会うこともある。
 エライお坊さんとか、
 有名な起業家さんとか、
 敏腕弁護士さんとか、
 超優良企業の社長さんとか、
 研究一筋の学者さんとか、
 技術力満載の職人さんとか、
私は、とってもシアワセなことに、本当に色んな人々に出会ってきた。
そんで、一つの法則に気づいた。

 「本当にズバ抜けて偉い人って、全然エラそうじゃない。」

緊張しながら初めてお会いしたら、あれ?案外フツーのおっちゃん・おばちゃん?ってヒトが多い。
あまりに気さくすぎて、拍子抜けするようなヒトもいる。
考えてみれば、本当に偉い人って、偉いんやから、偉そうにする必要ないもんね。

偉いのと、偉そうなのは大違い。
正直なところ自分に自信がなくって、でも他人からは上っ面だけでも偉い人として扱って欲しいっていう気持ちが、人の態度を 「偉そう」 にするんやろね。
だから、私はいつも 「偉そう」 な人に会うと、あんた、そんな表面を取り繕うことばっかりしてたら、ホンマにエライ人にはなれへんで~って思うことにしてる。

今日、おっそろしく気さくでお喋りな、エライお医者さんに会ってきた。
おっちゃん、しゃべりすぎやろぉ~って笑いこけて、帰り際に思った。
神様、仏様、ステキな人々に出会わせてくれて、ありがとお。
[PR]

by mimomi-r | 2009-06-18 16:23 | 日々

小さなシアワセ

ボチボチ有給休暇を消化しながら、引っ越し準備や諸々の手続きに追われる毎日。
ち~っとも楽しくな~い!
と思ったけど、Sサイズのシアワセは、いつでもそこらに転がってる。

・ 今年こそ完全に死に絶えたと思ってたベランダのハイビスカスが、今年も生き返る。

・ 相方に靴磨きをねだられ、せっせと磨いた後で
  「ダンナ、5ドルっす。」 って言ったら、
  「釣りは取っときな。」 って10ドルくれた。

・ 成城石井で買った TOSTITOS の Chunky Salsa が思いのほかウマかった。
  これからの季節、サルサとチップスとコロナが私の親友になる。

・ 梅雨入り宣言後すぐに梅雨の中休み。

・ 今日の夕飯担当は相方。

・ 土曜日に参加した、アメリカ&カナダ&オーストラリア三国対抗バーベキュー大会で、
  メチャメチャ気合いの入ってたアメリカチーム惨敗。笑える。
  勝者は、ぶっつけ本番のオーストラリアチーム。

・ ビザ取得の最後の砦、警察証明と健康診断、無事終了!

そんなこんなで、私はボチボチ幸せな毎日を送っとります。
[PR]

by mimomi-r | 2009-06-11 08:26 | 日々

移民の歌

ミネソタ暮らしに浮かれる私の前にどどーんと立ちはだかる壁。
それは、ビザ。
大使館のウェブサイトを見てみると、ビザといっても色んな種類があるらしく、自分が何に該当するのかわからない。大使館や領事館に電話をしてみても、ビザの質問には答えてくれない。仕方ないので、1回につき$18.35 も取られる有料の電話サービスを利用してみた。

どうやら、私は 「移民」 というセグメントに分類されることになるらしい。
しかし、「移民」という言葉に、物悲しいイメージがつきまとうのは何故?
発想の貧弱な私にとって、移民イコール低賃金・重労働。

まあ、そんなことはさておいて、私は立派な移民となるべく数々の書類を携え、指定された4月のある月曜日の2時に東京のアメリカ大使館へと赴いた。
番号札を渡され、順番に呼ばれた者から書類を提出し、書類のチェックが終わると質問タイム開始。
相方と私は結婚して数年経つので、二人の馴れ初めやら、交際期間やら、何故アメリカに行くのか等々を聞かれて終わりだったけど、結婚二年未満のカップルは、お互いに交わしたラブレターやら、一緒に旅行した時の写真やら、こっぱずかしい「証拠」を見せなきゃならん。しかも、仕切られた空間ではなく、銀行のカウンターみたいな場所なので、まる聞こえ・・・

無事に申請は終えたものの、バックグラウンド調査に4~6週間かかるので、目下お返事待ち。その後警察で私に犯罪歴が無いことを証明してもらい、病院で健康診断をやって、やっと次の面接に進めるらしい。
移民になるのも楽じゃないよ。
Led Zeppelin の「移民の歌」が頭から離れない今日この頃です。
[PR]

by mimomi-r | 2009-05-27 12:14 | 日々

昔住んでたところ

久しぶりに東京に行ってきました。
用事があったのは、月曜日の午後。
でも、せっかくだから土曜日の朝に出発。
どうせ行くならとことん楽しまねば!

相方と二人で大阪から新幹線で東京へ行き、そこで二泊もすれば、ご存知の通りまあまあな出費。
なので、新幹線とホテルがセットになったプランを予約して行ってみた。
全費用から通常の新幹線代をマイナスして考えると、ホテルは一泊あたり8,000円ってことになる。
赤坂プリンスにチェックインして、通された部屋は何故かスイートルーム。
部屋の窓からは、なーんと、昔の職場が正面に見える。
昔の同僚が働いているであろうビルのずっと背後に富士山を見ながら、私はバスローブでビール!

 銀座のはじっこにある グルガオン でインド料理を満喫し、
 麻布十番にある 鳥善 瀬尾 で絶品の焼き鳥をいただき、
 恵比寿ガーデンプレイスでワインを買いあさり、
 広尾でゆっくりお散歩。
 こーいうの、なつかしー!

今回は、思い出の場所を巡りたいと思って、事前にいくつかレストランを検索してみた。
やっぱり、お気に入りだったお店が何軒か閉店になっていたりして、ちょっと残念。
昔よく散歩した場所、昔ちょくちょく食べに行ったレストランって、何だか特別。
これからも、そんな特別な場所が増えていくんだろうな。

ところで、東京に住んでた時から思ってたんだけど、東京駅って常にどこか工事してる。
あの工事は、いつか終わる日がくるんだろうか?
それとも、いつまでも常にどこかで工事してるんだろうか?

 
[PR]

by mimomi-r | 2009-05-04 15:29 | 日々

あ、あれからもう1年?

怒ってる間にもう一年が経過してしまったらしい。
皆さんはどんな一年を過ごされたのかしらん?
この一年を振り返ると・・・

1月
アメリカからの帰りのフライトが、私史上最高に怖かった。
とにかく揺れた。
お怪我はございませんかって・・・怪我はないけどサ・・・
今まで飛行機って怖いと思ったことが一回も無かった私ですが、生まれて初めて両手が汗っぽかった。皆さん、そんな経験ありますぅ?

2月
一年間のお勉強のコースが終わり、友達と飲みまくった日々。
ちゃっかりテストに合格し、教育給付金をがっぽり貰っちゃった。

3月
久々に東京へ。
一緒に仕事していた人たちと飲んで昔話して、明け方まで話が尽きずに泊めていただいたり、妹ちゃん夫婦のお家におじゃまして、そのまま泊まりこんだり。
ああ、やっぱり東京ってたまに来るとイイなぁ。
住んでたときも楽しかったけど。

そして山口県のおばあちゃん家にも。
梅がとってもキレイだった。
a0083986_1746212.jpg


ワインの試飲会にも参加。かなり楽しかった。

4月
やっぱり毎年恒例の竹の子パーティ。
Sちゃん家にワインとチーズとパン持って押しかける。
んで、毎年楽しいのがスゴイ。

5月
ゴールデンウィークは、また山口県のおばあちゃん家へ。釣り目的。
a0083986_1757011.jpg



6月
お友達のウエディングパーティーに。
あんまり長く付き合ってるもんだから、てっきり入籍はしないのかと思ってたんだけど。
男性が日本人、女性がアイルランド人のとてもステキなカップルで、シアワセのおすそ分けをいただいた。

7月
結婚3周年記念。
一緒に住み始めて5周年。
「付き合い始めてから、まだ一緒にやったことの無いことをしよう!」と意気込んで話し合った結果、まだ一緒に映画を見たことが無いという意外な事実を発見。
近所のBigStep の上にある映画館で、JUNOという映画を見てみた。
これが、メチャ良かった。まだ見てない人はDVDでどうぞ!
その後は、友達のバーで軽く飲んだ後、お気に入りの寿司屋へ!

8月
夏休みは、また山口県のおばあちゃん家へなだれ込み。
今回は時間があるので、青海島や萩など山陰側へも足をのばす。
青海島近くの桂月という和食屋さんのお料理がホント美味しかったのと、海がきれいだったのと、宿泊した常茂恵の居心地が良かったのとで、シアワセいっぱいの二泊の旅を満喫。
山陰本線ってスゴイ。忘れ物とかしたら、どうするのかな?
a0083986_18194482.jpg


9月&10月
ひたすら忙しかった。
チャリティイベントに参加したり、人と会ったり、人と人を引き合わせたり、友達とランチしたり、飲みに行ったり、とにかく一人の時間が全く無い2ヶ月だった。

11月
ダンナと密かに計画していた吉野ツアーへ。両親も一緒に、近場でゆっくりという趣旨。
大阪に住んでいながら吉野は初めての私。
紅葉には少し早かったけど、しかも陸上部の合宿かってほど坂道で足腰を鍛え上げたけど、楽しかった。
絶品のお豆腐屋さんを見つけ、絶品の鹿肉料理を出してくれるお店を見つけ、どんな山奥に行こうとも食いしん坊な自分は変えられないと己を知る深い旅。

12月
来る日も来る日も忘年会。
そんなに年を忘れたいか?


ってな一年でした。
反省点は「仕事し過ぎた」です。
「ゆとりある生活」が今年のモットーです。
今年は、「ゆとりある」ハズなので、ブログも更新していけるはず。
どうぞ、年女の私を今年も宜しくお願いします。(24歳では無いのが残念!)
[PR]

by mimomi-r | 2009-01-08 18:39 | 日々

明けました

暫しの沈黙の間に、ミネソタに行ってきました。
12月という、この上なく忙しい時期に2週間の休みを確保するため、12月前半は働き、働き、そして働き、あちこちの忘年会に呼ばれがるままに出席し、17日のクライアント先での忘年会を最後に、18日の飛行機でミネアポリスへ。
大晦日の夜に日本に戻り、爆睡。翌朝は奈良へ移動して実家でお正月。

ああ、幾つになっても私の人生ってバタバタ。

ということで、近いうちにミネソタ旅行記(冬バージョン)書きますねー。
[PR]

by mimomi-r | 2008-01-08 17:32 | 日々

お誕生日

11月16日は私の誕生日だった。
「30歳を過ぎたら、時間が経つのはあっという間よ」ってウワサは本当だと知った。

誕生日にも関わらず、その日は年に一度の健康診断だった。
誕生日にも関わらず、脱ぎ着のしやすいシンプルな服を選び、朝から飲まず食わずで多少の飢餓感を覚えながら、指定された病院に行った。
なんだか古めかしい小汚い病院・・・
受付に一歩足を踏み入れると、作業服を着たオジサン達がワンサカ!
○○メンテナンスとかいう名前の会社の集団検診の日だったようで、女は私一人。
混雑する受付で、「生理中ではないですか?妊娠の可能性はっ?」って大声で聞かれたんだけど、多少のことでは怯まない私も、サスガに後ずさりしそうになった。

ま、そんなこともありながら、家では相方が美味しいディナーを用意してくれてた。
大好きなヴーヴクリコで乾杯した後は、牡蠣とマッシュルームの前菜とウズラのシチューをゆっくりと楽しんだ。
おウチでディナーってのは、私のリクエスト。外食ならいつでもできるもん。
シアワセ、シアワセ。

誕生日といえば、友達のSちゃんも11月生まれ。
先日はお互いの誕生日を祝うために、イタリアンレストランへ。
小さいけど長年やってるレストラン。
奇をてらった料理は無いけど、ホッとできる味。
そーいうレストランが私は好きじゃ。

Sちゃんとは長い付き合いだけど、いつ会っても話が尽きない。
なんでこんなに喋ることがあるんだっ??と思うくらい、いつも時間が足りない。
二人でも大人数でも、家でも屋外でも、どんなシチュエーションでも一緒にいて楽しい。
そーいう友達が私は好きじゃ。
[PR]

by mimomi-r | 2007-11-30 09:28 | 日々