みもみぶろぐ


ミネアポリス生活満喫中です。
by mimomi-r
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
タグ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

お知らせ

すっかりバタバタしていて手つかずでしたが、これから先も少し忙しい日々が続きそうなので、暫くの間は沈黙します。
スパムコメントなんかの管理ができないので、コメント欄はクローズさせていただきました。
[PR]

# by mimomi-r | 2010-04-30 10:38 | 日々

ベリーズという国に行ってみた。- 3

ベリーズシリーズの最終回。
動物園を後にした私たちは、ぐんぐん西へ向かい、グアテマラとの国境近くの街、
San Ignacio に到着。
私は歴史にあんまり興味が無くて、おサムライさんの名前とかも、そういえば聞いたことありますかしら程度だし、メトロポリタン美術館に行っても、エジプトコーナーは通り過ぎてしまう、そんな人間なのですが、どうした訳か、無性にマヤの遺跡が見たかった。
んで、行ってみたら、圧倒された。
a0083986_9545990.jpg

到着する手前でガイドを付けたらどうかと勧められるんだけど、そんなことしたら、知識が入ってくるだけで感じる暇がないじゃん、と思って、「想像力が豊かなので結構です。」と率直に断った。
大事なのは、考える前に感じること。
月曜日の朝の Xunantunich (シュナントゥニッチと発音)遺跡は観光客が少ないらしく、この壮大な景色を独り占めできる快感は、本当に何とも言えない。
a0083986_1024566.jpg

a0083986_1082894.jpg


San Ignacio の街は、なんだかゴチャゴチャしてるんだけど、人々は最高にステキ。
出会った人々皆、喋り方がやわらかくて、親切で、とっても自然体で、特に女性が美しい。
この街は遺跡だけじゃなく、道なき道を抜けて滝を見たり、洞窟を探検したり、心ゆくまで冒険できるので、そーいうのがお好きな人にお勧めです。

最後に、直訳すると「ピーナツ頭虫」という名前のヘンな虫のお写真。
a0083986_10343458.jpg

[PR]

# by mimomi-r | 2010-02-19 10:37 |

ベリーズという国に行ってみた。―2

小さな島での ゆるーい生活も、一週間もすれば飽きる。
水上タクシーという名の乗合ボートで島を後にし、本土のベリーズシティに向かった。
とっても風の強い日で、波がザッバーンである。
45分後に目的地に到着した私たち、髪と服はビショ濡れ、顔は塩まみれで、お互いの姿に大笑い。

レンタカーをかりて、西へ向かった。
この車が、長年愛用されてきたというか、歴史を感じるというか、ま、一言で言うとオンボロであって、走らせると、それはそれは聞いたことも無いような音がするんだけど、ここは一旦無視することにした。

暫く走ると、Belize Zoo という動物園を発見。
ベリーズに昔から生息する動物のみの動物園って・・・
とってもキュートなプーマとか、
a0083986_732594.jpg

自然と一体化しすぎて見づらいワニとか、
a0083986_743749.jpg

このオリがなきゃ確実に私を食っていたであろうジャガーとか、
a0083986_754381.jpg

オッサンにしか見えんホエザルとか、
a0083986_774141.jpg

ホント色んな種類の動物を間近で見れて、かなり楽しい動物園なのでした。
[PR]

# by mimomi-r | 2010-02-16 07:14 |

ベリーズという国に行ってみた。

寒いミネアポリスから飛び出そうってことで、中米のベリーズという国で二週間ほど過ごし、昨日の夜帰ってきた。
ベリーズは、メキシコの下、グアテマラの右。
ミネアポリスからベリーズシティまでは、トランジット含めて6時間ちょい。
そこから小さな飛行機で Caye Caulker という島へ。
その、10人も乗ればもういっぱいいっぱいの小さな飛行機からは、濃ゆーい緑の島があちこちに見える。
a0083986_9433852.jpg

そんな島のうちの一つに降り立ったら、
あつい、あつい、あつい。
マイナス15℃のミネアポリスから、30℃を超える昼下がりの中米の島に辿り着いた私たちってさ・・・
まぁとにかく、最初の数泊だけ予約して後は気の向くまま、という、いつもながらのテキトーな旅の始まり。
a0083986_9443652.jpg

Caye Caulker は、本当にゆっくり、のんびりな島。
タクシーもレンタカーもゴルフカートだし、
穴ぼこだらけの道の真ん中で犬が昼寝してて、
お店も開いてたり閉まってたり営業時間が曖昧で、
じいちゃん達が昼間から木陰でビール飲んでたり、
建設現場の兄ちゃん達は通りすがりの女の子達に声をかけ、
レストランで勘定を頼むと、「何食べたんだっけ?」って聞かれる。
ああ、よいカンジ。
a0083986_9455791.jpg

ダイビングやらなんやらのツアーをどこで申し込むとか、なんやらという地元のガイドさんが有名だとか、ランチは付いてるのか持って行くのかとか、そういった大騒ぎの観光の人々を横目で見ながら、
最初から一切の団体行動を諦めている協調性の無い私たちは、ただ、のんびりエイと一緒に泳いだり、バラクーダを釣ったり、ハンモックで昼寝したり、地元の人とラムパンチを飲んだり、そんなカンジで毎日が過ぎていくのであります。
a0083986_9463763.jpg

[PR]

# by mimomi-r | 2010-02-12 09:49 |

Vikings...

昨日ミネアポリスの街は、朝から ミネソタバイキングス のユニフォームを着た人たちでいっぱいだった。
スーパーボウル進出をかけた、大事な大事な Vikings vs. Saints の試合は夕方の5時半から。
でも、みんな待ちきれないみたい。
早い時間から街のあちこちで、チームカラーの紫と黄色 (って、なかなかあり得ない配色よね) を目にした。

試合自体はニューオリンズでの開催だったから、テレビで見るしかないんだけど、盛り上がりはスゴかった。
レストランやバーはテレビ中継のサインを出し、スーパーでは、観戦のお共にってことでフィンガーフードやスナックの大売り出し。
会う人会う人、みごとにこの話題ばっかり。

私と相方は、家から歩いて行ける距離にある近所のバーで、テレビの正面のカウンター席に陣取り、ビールを飲みながら、そこらのオッサンやらと一緒に観戦することにした。
そして・・・
こんなにミネソタ人が総出で応援したにも関わらず、延長戦までもつれ込んだ挙句、負けちゃった。
しかも、贔屓目にも素晴らしい試合だとは言えない内容で、「テレビだったら必ずピーが入るありとあらゆる言葉」 が店内を飛び交って、まあ残念。

ま、いいよ、来年があるさ!
a0083986_8434172.jpg

[PR]

# by mimomi-r | 2010-01-26 08:46 | ミネアポリス生活

アイスホッケーなぞ

ミネソタでは、凍った湖の一部を均した場所で、アイスホッケーの練習をやっているチビッコ達をあちこちで見かける。
そういえば、まだアイスホッケーの試合見に行ったことないな・・・と思ったら急に行きたくなった。
そんなこと言っても、ミネソタでアイスホッケーは大人気のスポーツ。
 ミネソタ大のGophersのチケットは完売、
 NHLのMinnesota Wildは金持ち席しか残ってない、
 でもどうしても見たい、
ということで、ジュニアリーグの試合を見に行くことにした。

ミネソタジュニアホッケーリーグは、16~20歳の男の子たちが所属する9チームから成っていて、ここで活躍すると、上位リーグや大学チームなんかからお声がかかるらしい。
今回は、近くの Edina という街の Edina Lakers を見に行った。

生アイスホッケーって、テレビで見るのと全然違う。
ホントぜんっぜん違う。
なんつーか、荒々しさ満点。
スピードと音がスゴイ。

ボード (っていう名前の壁) 際のチェック (っていう名前の体当たり) なんかは、それはもうすごい迫力で、だって、尋常じゃないスピードで巨体の男同志がぶつかり合うんですぜ、それも目の前で・・・
氷の上だから当たり前なんだけど、すごいスピードで試合が展開されていくから、テンション上がったまま釘付け。
野球観戦みたいに、のんびりビール飲みながら、ホットドッグ食べながら、隣のオッサンと話しながらってのとは全然違う。(それはそれで大好きなんだけど。)
結局、試合は地元チーム Edina Lakers の圧勝でした!

帰りに、ふと隣のリンクを見てみると、まだ6~7歳と思われる男の子たちが、鬼コーチの下、練習に励んでいて、そりゃこんなに小さな頃からやってんだもん、逞しくなるわ。
リンクの入り口のドアには 「失敗は成功のもと」 とか書いた張り紙がしてあって、なんとも微笑ましく。
ちびっこ、ガンバレー!
a0083986_740499.jpg

[PR]

# by mimomi-r | 2010-01-25 07:42 | ミネアポリス生活

キラキラ

今日は、とっても暖かくて、いいお天気。
最高気温が2℃くらいまで上がって、氷点下じゃないのは本当に久しぶりで、これはミネソタ的には春の陽気と言っても過言ではないでしょ。
この陽気に誘われて、ウチの前の湖の周りは朝からジョギングする人達で大賑わい。
つられて私も一周5kmのウォーキングに出かけた。
湖って言っても、凍ってる上に雪が積もってるから真っ白で、とっても眩しい。
a0083986_7174547.jpg

a0083986_7181482.jpg

こんな風に、青空が広がって太陽がキラキラしてる日が結構あるから、どんなにミネソタの冬が寒くても嫌いじゃない。
a0083986_724780.jpg

カイトスキーっていうの?
風に乗って滑るって、どんなだろ?
やってみたーい。
[PR]

# by mimomi-r | 2010-01-17 07:31 | ミネアポリス生活

肉体労働です。

昨日は、倉庫で二時間ほど労働してきました!
ミネアポリスの Second Harvest Heartland というフードバンクでのボランティア活動。

フードバンクというのは、広く寄付を募って食料品を預かり、貧しい人々に無料で食事を提供する活動をしている組織や施設に、その材料となる食料品を届ける活動をする所。
こちらには、スープキッチンとかフードシェルフとか、その地域に住む貧しい人々に食事を提供する組織が沢山あって、ホームレスの人々だけでなく、貧しいお年寄りや、いわゆるワーキングプアとよばれる家族も、その恩恵を受けられます。

私は、この 「地域内で助け合う」 というのが、なんだか好き。
「世界中の恵まれない子供に」 という活動も大事だけど、恵まれない人々は近くにも沢山いる。

ということで、昨日は夕方の5時に15人ほどで倉庫に集まって、
- ダンボールの箱を用意 (ドールのバナナの箱をリサイクル)
- 寄付された食料品を分類&賞味期限チェック (賞味期限は少々過ぎてもOK)
- 分類された食料品を、種類を混ぜて均等に箱詰め
- だいたい同じ重さになるよう重量チェック
- 箱を運び、運搬できるように重ね、日付シールを張る
というカンジで手分けして、2時間みっちり働いた。
その甲斐あって、144箱、3,000kg の食料品の出荷準備完了!

大きな倉庫で、ラジオを聴きながら、歌いながら、とっても楽しい作業なのでした。

 
[PR]

# by mimomi-r | 2010-01-08 02:00 | ミネアポリス生活

おめでとうございました。

うかれてる間に、うっかりすっかり年が明けて一週間も経ってしまって。
おめでとうを言う機会を逸してしまったような。
2010 という数字を見ると、なぜか 「近未来」 「SF」 「宇宙」 という言葉を連想してしまう私は、無意識ながらいまだに昭和を生きているに違いない。

毎日あんまり寒いから、いっそのこと2週間弱くらい逃避しちゃおうというハナシになった。
行き先をあれこれ考える間も無しに、なぜだかベリーズという国に決まってしまった。
「ベリーズってどこ?」 って聞くと、「グアテマラの隣」 という答え。
「じゃ、グアテマラはどこよ?」 って聞くと、「ホンジュラスの隣」 という答え。
ぽかーん。
しかも、ベリーズの本土からひとっ飛びの、なんやらという島に滞在することになった。

公用語は英語だし、観光ビザも不要だし、楽だよねーってことで盛りあがったんだけど、ちょっと調べてみると、一緒に行く輩は全員アメリカ人だからビザは要らないけど、日本人の私一人だけビザを申請しなきゃならないんだね。
ま、いいよ。
海がとっても綺麗らしいから。

ということで、2010年も相変わらずテキトーな感じです、私。
[PR]

# by mimomi-r | 2010-01-07 12:08 | ミネアポリス生活

振り返ってみたり

もう日本では2010年に突入していることと思いますが、ここミネソタではまだ大晦日の昼下がり。
2009年を、とっても私的に振り返ってみます。

◆ 今年貰った中で、一番笑ったプレゼント
a0083986_5444971.jpg

相方がくれたマグカップ

◆ 今年経験した一番のスリル
マイナス20℃での散歩

◆ 今年一番面白かった体験
住所不定無職の移民だった夏の一カ月

◆ 今年買った、一番ヘンな物
a0083986_548148.jpg

リスの形のロウソクなんだけど、火をつける所が頭のてっぺんってどうよ?
あんまりカワイソウなんで、一匹だけ救出してきた。

◆ 今年大活躍した物
防寒下着
名称わからず。タイツ以上、おじいちゃんのズボン下未満、みたいなヤツ。

◆ 今年出合った、お得感最高のワイン
a0083986_633029.jpg

ご覧の通り、リボンを纏ったハダカの人のこっち向きとあっち向きという、インパクト強めのラベルに惹かれて買ったんだけど、これがホント美味しかった。
Merry Edwards の Sauvignon Blanc
たしか、30ドル未満だった。

◆ 2009年は、私にとって
「とってもラッキーな一年」 でした。
なぜなら・・・
 ミネソタ長期滞在
 予防接種しなくってもインフルエンザにかからなかった
 円高ドル安
 沢山の楽しい人々と美味しいゴハンを食べた
 めっちゃ笑った
 そして、今夜、完璧な満月の予定!


2010年が、皆様にとって、健康で笑いの絶えない一年でありますように!
[PR]

# by mimomi-r | 2010-01-01 06:19 | 日々

湖が凍るのです。

ええ、この時期になると。
その氷は日に日に厚くなり、湖の上を普通にドライブできてしまう。
そんな極寒の湖で釣りをしようという誘いにホイホイと乗ってしまう自分が恐ろしい。
a0083986_0291784.jpg

上の写真の左端にうつってる小屋の床には幾つかの穴が開いていて、
a0083986_0342556.jpg

外に出なくても釣りができるようになっているんだけど、
何にもない小屋の中でじっとしていられるほど年老いてはおらず、
結局は外に出て、氷に穴を開けてみたり、
a0083986_0354895.jpg

バケツをひっくり返して腰かけて、その穴から釣りをしてみたり、
a0083986_0363523.jpg

寒さを厭わず釣りに興じる我が夫を愛おしく思ってみたり、
するのです。

それでは、皆さま、素敵なクリスマスを!
[PR]

# by mimomi-r | 2009-12-25 00:39 | ミネアポリス生活

サプライズ!

こないだの週末は、相方のお誕生日でした。
サプライズ好きな私は、どんな演出をしようか、相方にバレないように色々考えた挙句、
「やっぱり食事でしょー」 という単純な結論にたどり着いてしまった。

ミネアポリスもしくはセントポールでのレストラン探しに没頭すること暫し。
 相方が行ったことのないレストランで、
 本当に美味しい料理を出してくれて、
 サービスも雰囲気も良くて・・・
インターネットで検索し、雑誌を読みあさり、それでも決め手がない。
こういう時は、味覚に絶対の信頼を置ける友人に聞くのが一番。
そこで Tony に相談すると、 "Meritage" というレストランを勧めてくれた。
そのレストランはセントポールにあるので、車で行っても心おきなくワインを堪能できるよう、ついでに The St. Paul Hotel にも予約を入れておいた。

当日、チェックインすると、ホテルの前の公園はイルミネーションがとっても綺麗。
a0083986_931249.jpg

a0083986_931329.jpg

Meritage は、本当に美味しくて、サービスも雰囲気も良くて、大満足で食事をしていると、ウェイトレスさんが封筒に入ったカードを持って来て、
「お知り合いの方からです。ワイン代は彼がお支払いされました。」
不思議に思って、カードを見てみると、なーんと Tony じゃないですか!

そのレストランを勧めてくれた彼が、食事を始めた頃を見計らって、こっそりワイン代だけ支払って、Happy Birthday のカードをウェイトレスさんに渡すだなんて、なんて素敵なサプライズ!
相方にとっては、サプライズ続きのお誕生日なのでした。
[PR]

# by mimomi-r | 2009-12-21 09:47 | ミネアポリス生活

休講バンザイ

先日、相方の大学からメールで連絡が。
大雪のため休講だという。

 休講=映画

という昔ながらの単純な公式に従って、二人でアップタウンの映画館へ向かった。
「ウェス・アンダーソンの新作がアニメーション??」 って気になってた私たちは、
"Fantastic Mr. Fox" のチケットと、大きな紙袋に山盛りのポップコーンと、定番のコーラを買って席についた。

で、映画が始まるや否や、すっかりドップリはまっちゃいました!
ストップ・モーション・アニメーションで、人形も、洋服も、街も、風景も、家具も、とっても細かく作りこまれているんだけど、やりすぎじゃない。
ちょっと昔っぽい香りがする。
このバランスが、やっぱりウェス・アンダーソンって、おしゃれさんだわ。

http://www.fantasticmrfoxmovie.com/
↑ ココで、Mr. Fox の世界が垣間見れるので、是非!
"About the film" から "Video" へ行って、"Featurette" をクリックすると、気の遠くなりそうな制作過程が見れます。
映画1秒の為に、写真24ショットが必要なんだって。

ちょっと抜けてて、とっても前向きな Mr. Fox がステキな映画なのでした。
[PR]

# by mimomi-r | 2009-12-16 02:57 | ミネアポリス生活

雪の風紋

つい雪の写真ばっかりになってしまいますが、どこを見ても雪なんだから仕方ない。
そんなミネアポリスで、こんな風景に出合いました!
a0083986_748193.jpg

風紋っていうのかな?
ホント、自然って美しい。
ただ感動。
[PR]

# by mimomi-r | 2009-12-15 08:11 | ミネアポリス生活

真っ白

ミネソタの冬本番。
現在の気温マイナス12℃、本日の最低気温マイナス20℃!
今日は、Winter Storm Warning (「吹雪警報」と訳されるらしい) が出てます。
警報が出るとワクワクするのは、どうして?

どんなに寒くて、どんなに雪が冷たいかを体験すべく、外に出てみた。
うん、これは寒いわ。
耳と鼻がツーンと痛い。
a0083986_693687.jpg

   (足あと、けっこう深いでしょ。)

気温が低いから雪がとっても細かくて、その積った細かい雪が風に吹かれて飛ばされると、本当に幻想的で綺麗。
雪が降るとワクワクするのは、これまた、どうして?
[PR]

# by mimomi-r | 2009-12-10 06:33 | ミネアポリス生活

氷点下散歩

窓の外を眺めると、とっても細かい雪が舞っていて綺麗。
寒いのはわかってるけど、その寒さを感じたくなって、ふらっと散歩に出た。
「あぁ、なんだか気持良い!」 って感じるのは最初だけ。
しばらくすると、「あぁ、やっぱり寒い」 になる。
そりゃそうだ、マイナス6℃だもん。

ウチの前の湖には、一部砂浜が広がってる場所があるんだけど、そこが今どんな風になってるのか、なんだか気になった。
だって、砂浜の上のパウダースノーって、想像できる?
で、行ってみた。
a0083986_618284.jpg


天気予報によると、これから一週間ほど、最高気温は25°Fくらい。
ってことは、マイナス4℃くらい。
ってことは、きっと春まではずっと氷点下の世界。
ここ暫く、ミネアポリスの公園や湖は、雁に占領されっぱなしなんですが、
a0083986_6302916.jpg

そろそろ、もう少し南下しないとね。
雪と氷で覆われちゃうよ。
[PR]

# by mimomi-r | 2009-12-05 06:34 | ミネアポリス生活

ホリデーシーズン

すっかりクリスマス色が強くなってきた今日この頃。
街路樹には、ライティングが施され、
街の至る所に、クリスマスツリーが現れ、
夜になると、ちょっとやりすぎな近所の家のデコレーションがまぶしく、
ラジオからは、ママとサンタのキスを歌う若かりし頃のマイケルの声が。

サンクスギビングの翌日、夕方に友人を迎えに行く約束をしていた私たち。
ちょっと早めに家を出て、日用品の買い物をしようとショッピングモールへ向かった。
そして、思い出した。
 『あっ!今日は、全国一斉お買いものデーだった!』
気合いの入った人々が朝早くから並んでお目当ての品をゲットする様子は、日本の初売りを彷彿とさせる。
人ごみがとっても嫌いな私と相方は、買い物する気なんて全く失せてしまったのに、気づいた時には既に遅し。
渋滞に巻き込まれ、引き返すこともできず。

渋滞を抜けると、どこか静かな場所に行きたくなって、どこが良いか考えた。
そうだ、動物園に行こう。
こんな寒空の下、動物園なんかに行く人はいないよね~!
・・・いや、いた。
いっぱいいた。
駐車場いっぱいだった。

ダメだよ、もっと静かな場所考えよう。
そして向かった先は・・・
St. Paul Cathedral
a0083986_7554493.jpg

思った通り、とっても静かだった。
荘厳だった。
ものすごく立派な大聖堂で、ステンドグラスなんかも美しくて、ただ人ごみが嫌いだという不埒な理由で訪れた私をも感動させてくれるのでした。
[PR]

# by mimomi-r | 2009-12-03 08:05 | ミネアポリス生活

サンクスギビング

昨日は、サンクスギビング。
友人にお呼ばれにあずかり、光栄至極な私と相方は、何か気の利いた物を持って行きたいなーと、一週間も前から考えあぐねていた。

何しろ、私たちを招待してくれた主は、プロも顔負けのスーパーグルメシェフである。
完璧な構成でディナーを準備するであろうことは、容易に想像できる。
 →下手に料理に手出しするとヤケドする。
しかも彼は、ワインの知識も豊富。
ディナーに合わせたワインを既に選びぬいていることは、容易に想像できる。
 →下手にワインを持参するとヤケドする。

なので、ちょっとしたデザートを作ることにした。
何度も相方と作戦会議を重ねた結果の集大成が、これ↓
a0083986_018592.jpg

a0083986_0195149.jpg

抹茶と柿のパンナコッタ
下の層には抹茶、上の層には柿を混ぜ込み、トップに熟した柿とチョコレートの飾りを付けて、できあがり。
って書いたら簡単そうなんだけど、実はチョコレートの飾りなんて作るのは初めて。
思考錯誤の繰り返しで、やっと形に。

そして友人宅へ。
思った通り、7kgもある七面鳥は完璧な焼き加減で、二種類のマッシュドポテトにグレーヴィー、クランベリーソース、芽キャベツのソテー、サラダ、それにパイも二種類用意されている。
料理はどれも本当に美味しくて、ワインが弾んだ会話に拍車をかけ、私の初めてのサンクスギビングは最高の思い出に。
そうそう、私たちのデザートも好評で、一安心なのでした。
[PR]

# by mimomi-r | 2009-11-28 00:44 | ミネアポリス生活

お誕生日ウィーク

先週お誕生日だった私。
誕生日を目前にした週末、Carol からメールが。
 「今晩ウチにおいでよ。一緒に晩ごはん食べよっ!」
ビールをケース買いして、相方と一緒に押しかけた。
用意してくれた美味しいディナーを食べながら、Carol 夫婦と私たち夫婦、4人で思う存分しゃべって、笑った。
サプライズのケーキは、甘~いアメリカの味。(笑)
a0083986_918716.jpg

そのままお泊りし、マッサージの勉強をしている Carol が、翌朝アロママッサージをしてくれた。
窓から差し込む朝日の中で、至福の一時・・・

家に向かって車を走らせていると、先日書いたように、アメフトの試合に誘われて、スタジアムへ直行。
その後、急いで帰宅して着替え、Walker Art Center へダンスの公演を見に行った。
a0083986_9311534.jpg

これがまた、最高の公演で、感動。感激。

その翌日は、相方がディナーに連れて行ってくれた。
「絶対に飲みたくなるから」って理由で、お隣のSt. Paul という街までバスでお出かけ。
バスを降りると、バス停の前に広がる公園の木々にクリスマスのライティングが施されていて、とっても綺麗だった。
二人で、ゆっくりと、飲みながら、食べながら、夜は更けていくのでした。

そして、今週はサンクスギビングが待っている。
イベント大好き!
[PR]

# by mimomi-r | 2009-11-23 09:55 | ミネアポリス生活

金の ほりねずみ

昨日の朝、車で移動中に、知り合いカップルから電話がかかってきた。

 Gophers の試合のチケットが余ってるんだけど、一緒に行かない?
 実は試合開始まであと一時間しかないんだけど、来れる?
 50ヤード付近の最高の席だよ!

とっても柔軟な私たち夫婦は、急遽行き先を変更して、大学へ向かった。
Golden Gophers は、ミネソタ大学のアメリカンフットボールチーム。
新しくできたばかりのスタジアムは、大学カラーである、えんじと黄色のパーカーを着こんだ人々の熱気に包まれていて、かなりテンション高め。
a0083986_221690.jpg

a0083986_243554.jpg


ところで、Gopher を辞書で調べてみると、ホリネズミ とあった。
もう少し調べてみると、ホリネズミは穴を掘って農作物を荒らし、木の根を食べ、庭の植物や芝生を台無しにするので、見つけたら必ず殺しましょう、手に負えなければプロに相談を、とあった。
チームマスコットのゴールディーくんは、そんなことはちっとも気に留めず、笑顔を振りまいている。
a0083986_2225859.jpg


相手チームは、サウスダコタ州立大学のジャックラビッツ。
ホリネズミくん 対 ウサギちゃん の試合は、16-13でホリネズミくんの勝利でした!
Go Gophers!
[PR]

# by mimomi-r | 2009-11-16 02:31 | ミネアポリス生活

大人の遠足

11月に入って、暖かく穏やかな日が続いているミネアポリス。
あの10月の寒さと雪の降りようは、何だったんだろ?
ということで、昨日急に思い立って、相方と二人でピクニックに出かけた。

前日の夜中にお弁当を作り、朝は5時起き。
車で二時間ほどの所にある大きな湖へ向かった。
そこで軽く釣りを楽しみ、お弁当を食べて、森の中を散策、のつもりだった。

到着すると、空はグレーの雲に覆われ、とっても冷たい強風がふきつける。
ひゅ~るり~
 風が強すぎて釣りを断念し、
 寒すぎるので車の中でお弁当を食べ、
 狩猟シーズン真っ盛りの森を散策するのは危険なことに気づき、
残念な遠足でした。

と思ったのは私だけ?
とっても前向きな相方は、
 こーいう感じの場所は、キジ狩りに最適なんだよね
 あっ!あの鹿!ちょうどいい大きさ。美味しそう。
 ウズラは、こういう所に居るんだよ!
と、一人でバーチャルハンティングに興じておられるではないか。

激しく農耕民族な私には、狩猟民族の気持ちがこれっぽっちも分からず、
ほー、とか、へぇー、とか、イマイチな相槌を返しておきました。

大人の遠足と称し、手の込んだお弁当を作って、晩秋の一日を自然の中で過ごすなんて、ちょっとばかし洒落ているではないかという私の期待は見事に裏切られ、
仕留めた鹿を運んだことが一目でわかる、誰かの白い車の上の血痕を眺めながら、
家路へと向かうのでした。
[PR]

# by mimomi-r | 2009-11-14 03:11 | ミネアポリス生活

焼いてみました。

あちこちでクランベリーを見かけるこの季節。
せっかくなので、クランベリーとウォルナッツのクイックブレッドを焼いてみました。
a0083986_1284688.jpg

恥ずかしながら、ピザ生地以外は、パンもケーキも焼かない私。
ベーキングパウダーとベーキングソーダって何ですのん?何か違いますのん?
ってカンジの私にでも、これは簡単だったので、忘れないようにレシピを;

 小麦粉 2カップ
 砂糖 1/2カップ
 ベーキングパウダー 小さじ1.5
 塩 小さじ1
 ベーキングソーダ 小さじ1/2
以上をボウルの中で混ぜて、そこにクランベリー1.5カップとウォルナッツ1/2カップを投入

 卵 1個
 溶かしたバター 大さじ2
オレンジジュース 3/4カップ
以上を別のボウルの中で混ぜて、もう一個のボウルに投入

良く混ぜて型に入れ、175℃に温めておいたオーブンで55分間焼く。
それだけ。
寒くなると、キッチンで過ごす時間が増えるのは何故でしょう?
[PR]

# by mimomi-r | 2009-11-10 01:44 | ミネアポリス生活

食べられちゃうよ。

ミネソタの田舎道を車で走っていると、こういう光景に出くわすことがあります。
a0083986_032372.jpg

七面鳥一家のお散歩。
一家全員で道路を横断するという、大胆なお散歩をされるので、車の方が止まってあげるしかない。
さっさと行けばいいのに、中にはノロマなヤツもいる。
待ってる間、相方がボソッとつぶやく。 
「おいしそう・・・」
そういや、今月末は感謝祭。
気をつけないと、食べられちゃうよ!
[PR]

# by mimomi-r | 2009-11-06 00:15 | ミネアポリス生活

犬と一緒に過ごしてみました

親しい友人から、一泊で出かけるので犬の面倒を見てくれないかなー?という依頼があった。
なんでも、ウィスコンシン州にあるフランク・ロイド・ライト設計の家に一泊するとか。
どっちかというと、犬と一緒にお留守番するよりも、一緒に連れて行って欲しい。
けど、もちろん引き受けた。

うちのアパートメントはペット禁止なので、友人の家に移動して、愛犬と一緒に一泊のお留守番。
Flat-Coated Retriever という種類の犬で、それはもう、なんともいえず、カワイイ。
賢くて、活発で、人懐っこい。
a0083986_410781.jpg


散歩中に、他の犬がどんなに吠えようが喚こうが、平然として見向きもしない。
ボールを投げると、全速力で走って行って、あっという間に戻ってくる。
 「ほら、私の犬、とっても賢いでしょー」
って思ったけど、考えてみれば、私の犬でも何でもない。
でも、とっても楽しかった。

ハロウィンだったけど、仮装パーティーに参加するでもなく、子供たちにお菓子をあげるでもなく、犬に顔中を舐められながら過ごした夜でした。
[PR]

# by mimomi-r | 2009-11-02 04:49 | ミネアポリス生活

クランベリーの収穫風景

昨日書いた、オジブエ族の居留区からの帰り道、偶然クランベリーの収穫を見かけた。
a0083986_715917.jpg

日本では、人気者のブルーベリーなんかに比べて、存在感の無いクランベリーくん。
たまにカフェのジュースのメニューに登場するくらい、。
でも、アメリカではこれからの季節に欠かせない重要な存在。
時にはソースとして七面鳥をひき立て、時にはマフィンやクッキーに紛れ込んで存在感を主張し、そして時にはサラダや飲み物にも。
大活躍のクランベリーくんなのです。

ちょうど今頃が収穫の時期。
クランベリーの収穫は、畑に水を張って、浮いてきたクランベリーを掃除機みたいな機械で吸い取る、という一風変わったもの。
と、ディスカバリーチャンネルで見て知ってたけど、実物を目撃したのは初めて。
クランベリーの濃いピンク色と、雑草の緑と、白い雪の組み合わせが、なんだか綺麗だと思った。
[PR]

# by mimomi-r | 2009-10-26 07:36 | ミネアポリス生活

ウィスコンシン遠征

お隣ウィスコンシン州の Hayward という街に行ってきた。
オジブエ族という先住民の居留区に行く用事があって、そこからほど近い Hayward にある McCORMICK HOUSE という B&B に泊まった。
この B&B の質の良さに感動!
清潔なのはもちろんのこと、本当に落ち着いた雰囲気で、タオルや寝具やバスローブも上質で、朝ごはんが最高に美味しい。
コーヒー選びに、チョコレート選びにこだわりを感じる B&B 。
ウィスコンシン州の小さな街に行く機会はあんまり無いでしょうが、万が一でも Hayward に行く機会があれば、是非ここに泊まってみて下さい。
私は、できればここに住みたい。

その居留区にある学校で教師をしている男性と話をしていると、オジブエ語の母音と日本語の母音が似ていることがわかって、妙な親近感を感じた。
いつか、オジブエ語を勉強しよう。
発音を褒められるに違いない。

その先生に勧められて、Hayward にある小さなワイン屋に行った。
地下でワインを売っていて、一階はワインバーになっている。
そこのオーナーと思われる男女が、ある時間になるとエプロンを外してライブをする。
女性がギターを弾きながら歌い、男性はタンバリン担当。
数曲やると、またエプロンを付けて皆の注文を聞く。
しばらくすると、またライブ。
すごく楽しかったし、彼らも楽しそうだった。

若干ジェットコースターみたいなドライブを楽しんだ秋の一日。
a0083986_103372.jpg

[PR]

# by mimomi-r | 2009-10-25 10:20 | ミネアポリス生活

A Serious Man

とっても忙しい週末でした。
まずは、今日撮ってきた秋の写真を。
今日は最高気温が17℃くらいでホントに気持ち良く、こないだ雪が降ったのがウソみたい。
a0083986_81327.jpg

a0083986_813918.jpg


Tres Jolie Salon という美容室が近所にあって、行きたいなー思いつつ、どれくらいチップを払うべきかわからず、友人数名に聞いてみたところ、だいたい料金の10%が相場ってことが判明。
木曜日の午後、やっと伸び放題の髪を切ってきた。
その後、相方と一緒に Guthrie Theater という劇場へ行き、そこで Adam & Kasie と合流し、ダンスを観てから Sea Change という新しくできたシーフードレストランへ 。雑誌やインターネットでの評判がかなり良かったから、すごく期待して行ったんだけど、まぁまぁってトコかな。


金曜日はコーエン兄弟の最新作 "A Serious Man" を見に映画館へ。
平日の昼間だっていうのに、けっこうお客さんが入っててビックリ。
コーエン兄弟がミネソタ出身ってこともあるのかな?コーエンファン層がかなり厚いことを知る。
映画はすごく面白かったので、機会があれば是非見て下さい。
その後は、Greg & Tony と一緒に秘密のワインテイスティングの会に参加した後、遅めの夕ご飯を食べに。


土曜日は、いつものように早起きしてダンススクールへ。
終わったらすぐに Lino Lake という所に住む二番目のお姉ちゃん Mary の家へ。
夏のキャンプに引き続き、大家族が集結する秋のイベント。
寒いのに敢えてお庭で、キャンプファイアーを囲んで、みんなで暖かい煮込み料理を食べるって趣向。
やっぱり、家族って、暖かい。
そのままお泊りして、朝ごはんに Mary お手製の絶品エッグベイクをごちそうになり、あちこちドライブして帰ってきた。

ま、そんなこんなで、いつものようにバタバタな週末だったんですが。
映画館で新作映画が7ドルってどう?
いや、7ドルはいいんだ、日本の1800円ってどう?
映画なんて、良い作品もあれば駄作もある。
一人1800円、夫婦で3600円払って、つまんなかったら後悔するので、それを恐れてその3600円をついランチに費やしてしまう私たち夫婦なんですが、7ドルだったら、いくらでも映画見に行きます。
[PR]

# by mimomi-r | 2009-10-19 08:26 | ミネアポリス生活

雪景色

a0083986_372482.jpg

今朝目覚めて、カーテンを開けたら、目の前に広がる一面の雪景色。
どうせ寒いんなら、雪が降った方が断然いい。
静かだし、綺麗。

いくらミネソタが寒いといっても、10月中旬にこれだけ雪が降るのは珍しいんだって。
今時分の平均最高気温は16℃なのに、今日の最高気温は3℃。
「ハロウィンもまだなのにねぇ」って、会う人皆が言う。

ミネソタ人は、雪の話が好き。
家族も、友達も、スーパーのレジの人も、バスで隣に座った人も、みんな雪の話をする。
それで、
 「10月からこんな調子じゃ先が思いやられるよ」 とか、
 「今年こそどこか暖かい場所に引っ越したい」 とか、
言うんだけど、でも実はちょっと嬉しそうだったりもする。

今年の気候は、伝説の1991年のハロウィンを思い出させるらしい。
1991年の10月31日に雪が降って70センチも積ったって話を、もう3回も違う人から聞いた。
でも、知らないふりして話を聞いて、驚いてあげる。

そろそろ午後2時になろうかってところ。
まだ静かに雪が降り続いてる。
こんな日は、暖かい室内で、ゆっくりと音楽でも聞きながらお茶ですかね。
[PR]

# by mimomi-r | 2009-10-13 03:50 | ミネアポリス生活

初雪

ええ、信じられんことですが。
朝起きて、なんだか窓の外がまぶしい?と思ったら、雪がうっすら。
a0083986_48130.jpg

雪にも夏の暑さにも負けぬ 丈夫なからだを持つ私は、いつものようにダンススクールへ。
ダンス友に、10月初旬に雪が降るのってフツー?って聞いたら、
 「ミネソタの気候にフツーは無いんだよ。」
という、 【達観】 という言葉がしっくりくるような、ありがたいお返事をいただいた。

私もいつか、そんな立派なミネソタ人になれるよう、精進いたします。
[PR]

# by mimomi-r | 2009-10-11 04:17 | ミネアポリス生活

秋の色

一週間ほど、冷たい雨が続いたミネアポリス。
今日は、久々に美しく晴れわたる青空。
夕方に帰宅しても、なんだかもったいなくて、荷物を置いてカメラだけ持って散歩に出かけた。
まるで、ランドセル置いて遊びに行く小学生のようだ。
a0083986_12422474.jpg

近所をふらふら歩いていると、やっぱりちょっと秋の色。

a0083986_12281984.jpg

(これはウチの前の湖からダウンタウンを眺めたカンジ。)

今週末の天気はどうかしらん?と、天気予報を見てみたら、土曜日の最高気温は43度だという。
華氏っていうのが、どうもしっくりこない。
そっかー、43度かー。
・・・んで、43度って、どうなん?
調べてみると、華氏43度は摂氏6度ということが判明する。
暫くの後、
 えー、めっちゃ寒いやん~!
と思う。
情報が入ってから処理して反応するまでに、かなりの時間がかかる。

 1マイルは、だいたい1km の1.5倍にちょっとおまけ付けたくらい
 1ポンドは、だいたい1kg の半分からちょっとおまけ引いたくらい
と、いい加減な私には、これで生活する分にはOKなんだけどサ、華氏はどうよ。
どうも、しっくりこない。
[PR]

# by mimomi-r | 2009-10-08 12:45 | ミネアポリス生活